現代ビジネス学部

教員免許

教育職員免許法に基づいて授与されるもので、学校による種別、さらに中学校・高校では教科による種別があります。教職課程で定められた所定の単位を修得し、都道府県教育委員会に免許の申請を行うことで取得できます。

図書館司書

公私立の図書館で、図書資料の収集・整理・保管や利用者サービス等に従事する専門職です。図書館のIT化に伴い、オンライン検索などコンピュータを用いた図書館業務にも精通する必要があります。図書館司書課程の所定の単位を修得し、本学を卒業することにより取得できます。

学校図書館司書教諭

小学校・中学校・高校の図書室・図書館において専門的職務に従事します。学校図書館司書教諭講習規程に定められた本学科目を修得すると取得できますが、あわせて教員免許の取得が条件となっています。

博物館学芸員

博物館・美術館・水族館・科学館など広義の博物館で、資料の収集・保管・展示および調査研究等に携わる専門職。博物館は社会教育機関であり、学芸員は研究者であり、教育者と位置づけられています。博物館学芸員資格課程の所定の単位を修得し、本学を卒業することで取得できます。

社会教育主事

都道府県および市(特別区)町村の教育委員会事務局で、社会教育に関する専門的・技術的な助言と指導を行う専門的教育職員です。社会教育主事になるには、本学に2年以上在学し62単位以上を修得、かつ文部科学省令で定められた本学科目を修得した上で、1年以上の実務経験等が必要です。

日本語教員(主専攻および副専攻)

外国人に対して日本語を教授する人材を養成するものです。現在、日本語教員の資格・免許は制度化されていませんが、指定の科目を履修することで、文部科学省の定める基準が満たせます。本学においては、修得する単位数により、主専攻と副専攻があります。

一級建築士試験受験資格

一級建築士は、学校・病院・劇場・百貨店など、大規模な建造物の設計・工事監理等の業務を行うことのできる、国土交通大臣所管の国家資格です。本学では、所定の科目を修得し、卒業後に建築に関する2年~4年の実務経験を経ることにより、受験資格が得られます。

二級建築士・木造建築士試験受験資格

二級建築士・木造建築士は、都道府県知事の免許を受けて、建造物の設計・工事監理等の業務を行います。二級建築士は一級建築士より規模の小さい建造物、木造建築士は一定規模の木造建築を取り扱います。本学では、所定の単位を修得、卒業後に建築に関する0年~2年の実務経験を経ることにより、受験資格が得られます。

インテリアプランナー登録資格

インテリアプランナーは、住宅や建築の室内デザインや家具の企画・設計・工事監理を行う建築技術教育普及センターの認定資格で、同センターが実施する試験に合格し、登録を行う必要があります。本学においては、登録のために、インテリアに関する実務経験が2年必要です。

アーツマネジメント(本学認定)

社会と諸芸術(アーツ)を結ぶ仕事をアーツマネジメントと言い、コンサートホールやライブハウス、劇場、美術館、ギャラリーなど、あらゆるアーツの場で活躍しています。仕事内容は、広報や教育活動、企画・運営や資金調達など多岐にわたります。

診療情報管理士認定試験受験資格

診療情報管理士とは、診療記録および診療情報を適切に管理し、そこに含まれる情報を活用することにより、医療の安全管理、質の向上および病院の経営管理に寄与する専門的な職業です。四病院団体協議会および医療研修推進財団が付与する民間資格ですが、カルテの電子化やIT化が進む医療機関で必要とされる専門職として注目を集めています。本学開設の関連科目をすべて履修することで、認定試験受験資格を得ることができます。

初級地域公共政策士資格[199KB]

「初級地域公共政策士」は一般財団法人地域公共人材開発機構が「地域公共人材」を認定する全国初・京都発の職能資格です。本資格は、京都府内の公共政策系大学・大学院や自治体・NPO・経済団体などが連携し、2011年度より始まりました。
教育プログラムを履修し、所定の単位を取得することによって、一般財団法人地域公共人材開発機構(COLPU)により「初級地域公共政策士」資格が付与されます。
本学では、初級地域公共政策士資格プログラムとして「文化プロデュース力養成プログラム」および「グローカル人材プログラム」を開講しています。

グローカルプロジェクトマネージャー

グローカルプロジェクトマネジャーは、経済界・企業が求める人材、特に京都やその近隣企業の将来の幹部候補になりうる「グローバルな視点で物事を考える能力を兼ね備えつつ、地域経済・社会(ローカル)の持続的な発展に情熱を注ぐ」人材に求められる能力を具体化した職能資格です。NPO法人グローカル人材開発センターが資格発行機関となり、一般財団法人地域公共人材開発機構(COLPU)が認証機関となります。
グローカル人材基本科目、PBL(Project Based Learning)科目を修得し、NPO法人グローカル人材開発センターへ申請することによって資格取得できます。

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス