経営学科
3つのポリシー

教育研究上の目的(学則)

現代ビジネス学部は、これからの社会を展望し、新たな時代のビジネスに必要な人材を養成する。
経営学科は、営利・非営利の組織体の経営に関する専門的な知識と技術を身につけた、これからの産業や社会の発展に貢献できる人材を育成する。

アドミッションポリシー(入学者の受け入れ方針)

経営学科は、幅広い教養と経営学の専門的な知見の修得を通じ、豊かな知識と人間性を基礎に社会や組織が直面する課題について、合理的にかつ責任をもって対応することのできる人材を養成することをめざしている。この教育目標を達成するために、次のような能力や態度・資質を備えた入学者を求める。

  • ①日本と世界の経済や社会に関心を持ち、営利・非営利を問わず、組織体の経営、およびその社会的な役割に関する学修に意欲的に取り組むことのできる者。
  • ②将来、一般企業やグローバル企業、IT企業、銀行・証券・保険等の金融機関、一般行政や警察・消防等の公共団体、病院等の医療機関などで即戦力として活躍し、社会に貢献したいと希望する者。
  • ③経営学や経済学をはじめとする社会科学を学ぶ上で必要となる、言葉や表現、社会に関する理解について基礎的学力を有する者。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

経営学科は、教学理念および学部・学科の教育研究上の目的に則り、幅広い教養と経営学の専門的な知見の修得を通じ、豊かな知識と人間性を基礎に、社会や組織が直面する課題について合理的にかつ責任をもって対応することのできる人材を養成することをめざしている。経営学科では、この教育目標に基づき、次のような知識と能力を身につけ、所定の単位を修得した者に学士(経営学)の学位を授与する。

  • ①経営学・経済学・会計学を中心とする社会科学の基礎的な知識と考え方
  • ②グローバルなレベルから地域に密着したレベルに至るまでの社会、経済、組織に関する幅広い知識
  • ③専門的な知識に裏づけられた論理的な思考力によって、社会や組織が直面する諸課題に取り組む能力
  • ④周囲の人々と協力し、目的を達成するためのコミュニケーション力やリーダーシップ力
  • ⑤社会に関して常に関心を持ち、生涯にわたって新しい知識や見識を吸収していく能力

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

学位授与に必要とされる能力(ディプロマポリシー)を修得するために、経営学科では、以下の方針で教育課程を編成する。

  • ①学科の学修を円滑に進め、また自立した社会人としての基礎的な素養を身につけるため、教養教育に関する科目(基礎教育科目群・教養教育科目群・キャリア教育科目群)および専門関連科目を配置する。日本語や外国語の運用能力に加え、とくに論理的思考法と政治・経済・社会に対する広い知識に力点を置く。
  • ②経営学科で必要とされる能力を養成するために共通して身につけるべき知識・スキルを共通科目として配置し、その上で学生各自の興味や関心、将来の進路を展望した6つの学びのコース(ラーニングコース)を設定する。学生は「企業経営コース」「情報ビジネスコース」「金融コース」「公共経営コース」「医療経営コース」「グローバルビジネスコース」のうち1つを選択し、系統的に学習を進める。ただし、1つのコース科目群を学びながらも、必要に応じて他コースの科目を柔軟に履修することを可能とする。
  • ③1回生前期に、4年間の学びのロードマップを提示するとともに、各ラーニングコースに対応した業界の基礎知識や業界地図などを学ぶ入門科目(「経営学入門」「情報ビジネス入門」「金融入門」「公共経営入門」「医療経営入門」「グローバルビジネス入門」)を配置する。
  • ④自立した社会人として仕事に従事する上で不可欠となる、論理的に考え、他者にわかるように伝え、議論を通じて考えを深めていく力を養成するため、1回生から4回生まで学びの段階に応じて「基礎演習」「専門演習」「卒業研究」を必修科目として配置する。
  • ⑤実際の仕事を見学・体験する機会として「インターンシップ」や「海外臨地演習」を配置するとともに、現場で働く企業人の生の声を聴く企業提携講座を積極的に取り入れる。
国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス