文化政策学専攻 博士後期課程 特色と概要

2017年4月、現代ビジネス研究科マネジメント専攻修士課程を開設
※文学政策学研究科文化政策学専攻博士前期課程を改組

カリキュラムの編成

文化政策学研究科文化政策学専攻(博士後期課程)のカリキュラムは、「文化政策・文化マネジメント分野」の基幹科目により構成されます。あわせて、担当教員による研究指導を受けることにより、政策立案能力、高度なマネジメント能力・ビジネス開発能力のほか、教育・研究のための指導能力を身につけることを目標としています。

教育・研究上の特色

文化政策学研究科文化政策学専攻(博士後期課程)においても、特色ある教育・研究制度を設け、高度な教育・研究能力、実務遂行能力の修得ができるように配慮しています。

ラボラトリー形式の研究方法の導入

ラボラトリー形式の研究方法とは、社会的ニーズに対応したり、社会を先取りしたりするような先駆的で実践的な研究の場をつくって研究活動を実施するものです。具体的には、大学院生の研究課題に応じて、専任教員だけでなく外部の協力者も交えて研究指導チームを編成し、産・官・学・民(市民)の連携の上で研究を進めていきます。

大学院生研究室の設置と研究環境

共用机・ロッカー・パソコンを備えた大学院生研究室が設置されています。
また、図書館および専門スタッフが常駐しマルチメディア環境を整えた情報メディアセンターが大学院生・学部学生の支援を行っています。情報メディアセンターには、メディアホールのほかに、6室のコンピュータ実習室が設置されており、全大学院生・学部学生にはメールアドレスとアカウントが配布され、本学のインターネット環境を自由に利用することができます。

  • *図書館開館時間…平日8:45~20:30、土曜日10:00~18:30(休講日は平日8:45~17:15、土曜日8:45~17:15)
  • *情報メディアセンター開室時間…平日8:45~20:30、土曜日および休講日は8:45~17:15
  • *日曜日・国民の休日等、開館・開室しない日もあります。詳細は 図書館でご確認ください。

研究生制度

文化政策学専攻(博士後期課程)では、本学大学院博士後期課程に3年以上在学し必要な単位を修得して退学した人を対象として、本学大学院の研究および教育に支障のない範囲で、研究生の受け入れを行っています。研究期間は、4月からの1年間、または前期か後期の半期となります。所定の研究を終了したときには、願い出によって研究事項や研究期間などについて、証明書を交付します。
なお、研究生としての期間満了後、引き続き研究生を希望する場合は、次年度の募集要項に従い、あらためて選考を受けなければなりません。

文化政策学専攻 (博士後期課程)

2017年3月卒業生 教員等採用試験 圧倒的な現役合格率! 公立小学校61.2% 効率幼稚園・保育士75.0%
国家試験等合格状況
Wel TB 京都橘大学広報誌
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
たちばな大路こども園
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願