学部・大学院
  1. トップページ
  2. > 学部・大学院
  3. > 文学研究科

文学研究科

個を知る、話す・読む・書く・表現する独創空間

文学研究科長 一瀬 和夫 教授

文学研究科長
一瀬 和夫 教授

本文学研究科は、言語文化専攻、歴史学・文化財学専攻をそなえています。
本学そのものは文学部単科の女子大学として出発し、その後共学化し、学部の数も増えて現在に至ります。学部学科だけではなく、もと女子大学であった伝統を生かし、女性が歴史・文化に果たした歴史的役割を解明する人文科学系の総合的な研究所「女性歴史文化研究所」も設置しています。女性が文化に果たしてきた役割を再評価し、その視点から、文化の創造者・享受者は男性だけでなく、女性も文化の創造・享受に参画していたことを研究することを一つの特徴としています。
これは、歴史学の分野でのジェンダー史へと発展を生み出し、女性文化の目線から「常識」と考えられてきた歴史・文化に再考をうながし、従来とらえられてきた歴史の枠にはとどまらない過去の事象を現代社会に提供するものです。今、作為・無作為、意識・無意識的にかかわらず、過去の人々が残したわずかな手がかりに、私たちはあらゆる手立てで、その場にいた人々と向き合おうとしています。すなわち、これまでの近代日本から重視されてきた政治経済を中心とした特権的な男性によって導かれた上級社会が組み立ててきた歴史とは異なることを示しています。ここでは、多種、多様、多方面なアプローチから導き出される数多くの新たな過去の局面を示す状況を確認、認識することで、そこから、あらたな考えもしなかった刺激的な過去観がつくられていくのです。これは、日本のみならず、グローバルな文化について相互交流するための、かけがえのないツールとなると考えます。
現代社会に存在するマイノリティーな事象を深く理解し、多方面、多角度な分析と解読に役立てることは、本文学研究科が向かう特徴的な試みと位置づけることができます。これまで追求されてきた法則的で一元的な社会観の抽出より、過去・現在のさまざまな人間の個が折り重なり合い、互いにかかわることで、互いの個を認めるための基礎資料を検出し、新たな独創的な展開が期待できる状態をつくり、大きなパラダイムの転換を引き起こす場となって本文学研究科は機能します。一方、グループワーキングチームの居場所としての本文学研究科は、個々人の研究だけではなく複数の人間が個々の創造と触れ合い互いに刺激あうことで、それらにかかわる人生すべてについても新たな局面を生み出します。学部生をも巻きこんだ研究調査でのシーンにおいて、リーダー力、マネジメント力を発揮させ、現代社会そのものの牽引にも多いにかかわっていく場を提供します。
こうした渦中に身を投じ、現代社会にむけて、大きな注意をうながし、喚起することをのぞむ人たちとともに、私たちは研究の第一歩を歩みはじめようとしています。

.
このページの先頭へ
.