学部・大学院
  1. トップページ
  2. > 学部・大学院
  3. > 看護学研究科

看護学研究科 博士前期課程

現代ニーズに応える高度な看護を提供できる人材を育成

看護学研究科長 遠藤 俊子 教授

看護学研究科長
遠藤 俊子 教授

超少子高齢社会、成熟かつグローバルな社会といわれる今日のわが国の環境にあって、保健医療福祉の充実を含めた豊かな生活を人々はもとめています。看護は、健康の保持増進、疾病の予防、疾病の回復、人生の穏やかな終末や出生などのあらゆる健康レベルとライフステージにおいて役割を発揮しています。保健医療福祉チームにおける看護の役割は増大し、医療・福祉改革が急速に進んでいる今日、人々の健康のニーズに応える看護学の学問的な発展と成熟が期待されています。
京都橘大学看護学研究科は、2008年より大学の教育理念「自立・共生・臨床の知」のもとに、人々の健康のニーズに応える高度な看護を提供できる人材を育成するために博士前期課程(修士課程)を設置し、専門看護師、高度な看護実践者・管理者・看護教育者を輩出してきました。2014年度より、さらに看護学の研究としてケアの成果を示すアウトカムリサーチを志向した研究活動を行い、社会貢献につながる看護学研究のできる博士後期課程を設置しました。医療の質改善に必要な研究能力を獲得し、多様な看護専門分野の研究者・教育者・管理者や高度な看護実践者として、保健医療福祉分野での、新たな看護実践モデルを構築し看護学を発展させる、看護系私立大学として独自な発想の中での看護の研究基地として社会に貢献します。

.
このページの先頭へ
.