心理学科

心理学科

豊富な科目で幅広い領域の心理学を学び、
臨床・福祉・教育・産業の多様な分野でいきる力を養う。

企業活動への貢献、円滑な対人援助、パーソナリティの形成・発達・病理の解明など、社会のさまざまな場面で役立つのが心理学です。心理学科では臨床、福祉、教育、産業など、全分野において活用できる豊富な科目を開講し、心理学を身につけることができます。また心理学の基礎を学んだうえで、こころの健康を見つめる「臨床心理学領域」、社会や企業の問題を解決する「社会・産業心理学領域」、子どものこころの問題を解決する「発達・教育心理学領域」、こころの動きのメカニズムを解き明かす「行動神経科学領域」から興味のある領域を選び、さらに深く専門的に学びます。また、所定の科目を履修することにより、卒業と同時に、日本心理学会認定の認定心理士の資格も取得可能です。大学院で引き続き学ぶことで、臨床心理士受験資格や公認心理師受験資格を取得できます。

取得できる資格

  • 認定心理士
  • 学校図書館司書教諭
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 社会調査士
  • 図書館司書

取得をめざす資格

  • 臨床心理士受験資格(大学院修了後)
  • 公認心理師国家試験受験資格(大学院修了後/実務経験後)

↓

将来の進路

  • 病院、精神科クリニック
  • 精神保健福祉センター
  • こども相談センター(児童相談所)
  • 子育て支援センター
  • スクールカウンセラー
  • 高等学校教員
  • 家庭裁判所調査官
  • 少年鑑別所技官
  • 少年院教官
  • 企業の人事・労務部門
  • 企画・開発部門
  • 広告・宣伝部門 など
心理職初の国家資格 公認心理師

実社会の課題解決策を考える力を培う
「地域課題研究」

実社会の課題解決策を考える力を培う「地域課題研究」

実際の現場で課題と向きあい、解決できる力を養うため、演習や体験学習を多数取り入れています。1回生の「地域課題研究」では、学生自身が地域の課題に触れ、その解決方法を考えます。
その一環として、滋賀県のJR草津駅周辺で空き店舗を調査するフィールドワークを行いました。学生が実際に駅周辺を歩いて空き店舗状況を明らかにするとともに、解決策をグループで検討し、草津市役所の方々に向けてプレゼンテーションを実施しました。
具体的な課題と向きあう体験を通じて、将来社会に出た時、それぞれの現場で起こる課題に対応する力が育まれます。

企業との共同研究で買い物心理を分析

企業との共同研究で買い物心理を分析

学生がパッケージ印刷を手がけるアート印刷所と共同で「ショッパー・インサイト研究会」を立ち上げ、商品パッケージやPOP広告が買い物心理にどのような影響を及ぼすかについて研究しました。「POP広告が購買意欲に及ぼす影響」「外国人の購買行動」など4つのテーマに分かれてグループで調査・研究。議論を重ねて導き出した研究成果を大阪府中小企業家同友会の経営者らも出席した報告会で発表しました。
共同研究を通じて企業の人から事業や仕事に対する考え方を聞く貴重な機会を得るとともに、大学で学んだ心理学の知識が社会や企業経営、マーケティングにどう活用できるかを学びました。

FacebookFacebook

CAMPUS MOVIE

京都橘大学 健康科学部の
学生生活が、動画でご覧になれます。

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス