看護学科の紹介

高いコミュニケーション力をもつ看護職者を養成

看護職と看護学の未来をひらく唯一無二のカリキュラム看護職と看護学の未来をひらく唯一無二のカリキュラム

看護職と看護学の未来をひらく唯一無二のカリキュラム

人は3原色で世界をみています。しかしごくまれに、よりあざやかな4原色で世界をみている人がいるようです。
複雑で混沌とした希望のもちにくい現代にあっても、そんな4原色の世界をとらえ、目の前の人のライフスタイルや人生、想いや願い、そして看護職となる自分自身をもっと豊かに描き出してほしい。現在から遠い未来まで、どんなに社会が変わっても、どんな時でもどんな場所でも、そしてどんな人にでも、幸せと健やかさを生み出しつづける看護職になってほしい。京都橘大学看護学部がつむいだ気鋭の2019年度カリキュラムには、そんな願いがこめられています。
コンセプトは、“4原色のチカラ”。伝統的な看護学の枠を超え、看護職と看護学の未来をひらく唯一無二のカリキュラムです。

1回生から4回生まで段階的な臨地実習で確かな実践力を身につける1回生から4回生まで段階的な臨地実習で確かな実践力を身につける

1回生から4回生まで段階的な臨地実習で確かな実践力を身につける

病院をはじめ、介護老人施設、訪問看護ステーション、保健所などさまざまな施設と提携した臨地実習(学外実習)は、学内で学んだ基礎的知識・技術を統合して、看護実践に応用することを学ぶもので、さまざまな状況に応じた行動力と判断力を身につけます。1回生の「生涯健やか看護学実習Ⅰ」から始まり、「生涯健やか看護学実習Ⅱ~Ⅳ」「健康回復看護学実習Ⅰ~Ⅱ」と続き、4回生時にはそれまでの学びを統合する「総合看護学実習」が設定されています。

少人数教育とキャリア教育により自らのキャリアデザインを描く能力を養成少人数教育とキャリア教育により自らのキャリアデザインを描く能力を養成

少人数教育とキャリア教育により
自らのキャリアデザインを描く能力を養成

少人数クラスによる「キャリア開発演習」を各回生に配置し、大学で学ぶ姿勢から論理的な思考能力や文章作成能力、プレゼンテーション力、さらには卒業後のキャリアデザインを描く能力などをきめ細かく修得します。また、「看護研究演習」では、看護研究に必要な基礎的知識を学び、学生自ら興味をもったテーマに関する研究を行い、実技だけでなく研究も行えるこれからの看護者を養成します。

卒業研究の主なテーマ

[成人看護学領域]

  • 災害発生時に服薬困難になりうる在宅療養者への看護
  • がん患者の"その人らしく生きる"ことを支えるための看護実践
  • 救命救急センターにおける協働~看護師の実践に焦点を当てて~
  • チーム医療の情報共有における看護師の役割と工夫

[地域看護学領域]

  • 要介護高齢者の在宅生活の継続を支えるための看護職の役割~社会資源の利用状況からの検討~
  • 地域の高齢者へのヘルスリテラシーの状況と効果的な健康教室における支援の検討

[国際看護学領域]

  • インドネシアの健康行動と受療・対処行動に関する研究~中部ジャワ州KLATEN県を事例に~
  • 在日外国人の妊娠・出産・育児に関する課題と看護

[老年看護学領域]

  • 認知症高齢者が高齢者施設で安定した生活を継続するためのよりよい関わり
  • 高齢者の意欲・関心を引き出すレクリエーションでのよりよい関わり方

[基礎看護学領域]

  • 糖尿病を有し食事の自己管理に課題のある患者への看護

[看護教育・管理学領域]

  • 新人看護師の夜間勤務への適応と受けた支援

[小児看護学領域]

  • 短期入院で手術を受ける幼児期の子どもの不安について~子どもの反
    応の観察を通して~

[母性看護・助産学領域]

  • 夫立会い分娩を行なう夫の満足度を上げるための分娩中の助産師のケア
  • 不妊治療妊産婦に対する助産師の捉え方と関わり方
国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願