メディア掲載情報

飛鳥寺西方遺跡で出土した建物跡について猪熊兼勝本学名誉教授がコメント

 2月21日(水)、飛鳥寺西方遺跡(奈良県明日香村)で1棟の建物跡が出土したと、明日香村教育委員会が発表した。飛鳥寺西方遺跡は、中大兄皇子と中臣鎌足が初めて出会った「槻の木の広場」と考えられており、「日本書紀」にここで東北地方の蝦夷や南九州の隼人らを招き、宴会を催すなどして接待したと記されている。猪熊兼勝本学名誉教授は「今回の建物は宴会施設の可能性があり、日本書紀に記録されたような蝦夷や隼人らをもてなし、相撲をとった場所かもしれない。広場はさまざまな儀式が行われる機能的なエリアだった」とコメントした。

【2018年2月22日 朝日新聞に掲載】

2017年度メディア掲載情報一覧へ

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA