研究・地域連携
  1. トップページ
  2. > 研究・地域連携
  3. > 生涯学習
  4. > 保育士資格取得(特例コース)および幼稚園教諭免許取得(特例コース)科目等履修生制度

保育士資格取得(特例コース)および幼稚園教諭免許取得(特例コース)科目等履修生制度

2012年8月、認定こども園法の改正により、新たな「幼保連携型認定こども園」が創設されました。このことにより、新たな「幼保連携型認定こども園」で「保育教諭」として働くためには、「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方の免許・資格を有することが必要になります。施行後5年間は、「幼稚園教諭免許状」または「保育士資格」のいずれかを有していれば、「保育教諭」として勤務できる経過措置が設けられていますが、経過措置期間中に所持していない免許・資格を取得しなくてはなりません。
免許・資格の取得促進を進めるため、幼稚園や保育園での勤務経験を評価し、取得要件の単位を大幅に減じた特例が設けられています。本学では、この特例法にもとづき、科目等履修生制度として特例コースを設けています。この制度を利用できる方は下記のとおりです。
※この制度は2015年度から2019年度(予定)までの期限付きの法律です。

幼稚園教諭免許状を有する者の保育士資格取得特例

資格 基礎資格 幼稚園教諭等としての実務経験 大学において修得することが必要な最低単位数
保育士 幼稚園教諭一種免許状または
幼稚園教諭二種免許状を有すること。
3年
*勤務時間の合計が
4,320時間以上の場合に限る。
8単位

保育士証を有する者の幼稚園教諭免許取得特例

免許状 基礎資格 保育士等としての実務経験 大学において修得することが必要な最低単位数
幼稚園教諭一種免許状 学士の学位を有すること及び保育士となる資格を有すること
3年
*勤務時間の合計が
4,320時間以上の場合に限る。
8単位
幼稚園教諭二種免許状 保育士となる資格を有すること
(高等学校を卒業していること)

※本学児童教育学科の卒業生においては、卒業生向けの科目等履修生制度を利用することも可能です。必ず、科目等履修生制度のページもご覧いただき、ご自身の状況に合わせた出願を行ってください。

保育士資格取得特例コース募集要項

幼稚園教諭免許取得特例コース募集要項

このページの先頭へ
.