地域連携推進機構

京都橘大学地域連携推進室は、全学で取り組まれている、教職員・学生の地域や社会に関わる活動全体を統括し、今後それらを全面的かつより効果的に展開することを目的として、2013年9月に開設されました。室長は、本学学長が兼務し、文字通り全学をあげて地域連携・社会貢献活動を推進する役割を果たします。
さらに2014年4月、地域連携推進室を「地域連携推進機構」(機構長=学長)とし、文字通り、学長をトップとした地域と教育・研究をつなぐガバナンスを担保する組織体制を確立しました。
また、これまで、学部学科のシーズを中心に活動してきた、「地域連携センター」や「看護学部・看護異文化交流社会連携推進センター」の地域連携機能も、同機構が統括し、学内のさまざまなシーズの結合による多様な研究成果の社会還元をより一層進めます。

(付置機関)

2017年3月卒業生 教員等採用試験 圧倒的な現役合格率! 公立小学校61.2% 効率幼稚園・保育士75.0%
国家試験等合格状況
Wel TB 京都橘大学広報誌
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
たちばな大路こども園
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願