看護異文化交流・社会連携推進センター

ここでは、看護異文化交流・社会連携推進センターについてご紹介しています。

看護異文化交流・社会連携推進センターの概要

2012年4月、看護実践異文化国際研究センターの機能を発展的に引き継いだ、看護異文化交流・社会連携推進センターを設置しました。同センターは、国内外を問わず、看護における文化を越えた普遍性と異文化による看護の多様性の探求をめざして、実践に密着した看護教育活動や異文化・国際交流および社会連携を推進することにより、看護学の発展に寄与することを目的としています。
センターは、以上のような目的を達成するために、次の事業を実施しています。

  • (1)看護実践および異文化・国際看護に関する、臨床や国内外の諸機関、諸団体とのネットワークの構築と交流連携事業の推進
  • (2)看護実践および異文化・国際看護に関する学術文献・資料・情報等の収集管理および提供・発信
  • (3)看護実践および異文化・国際看護に関する講演会・公開講座、看護職者の生涯学習やリカレント講座等のキャリア開発事業の推進
  • (4)国際的な教育ネットワークの構築と連携ならびに国際交流事業の推進
  • (5)地域住民のための健康増進活動や公開講座等の社会貢献事業の推進
  • (6)各種媒体によるセンター事業の発表、発信

利用案内

看護異文化交流・社会連携推進センターは、清優館2階にあります。

利用時間

原則として、月~金曜日 12:10~16:00
※土曜日・日曜日・祝日、大学の一斉休暇期間(盆・年末年始)、入学試験日は利用できません。

お問い合わせ・連絡先

京都橘大学 看護異文化交流・社会連携推進センター
TEL. 075-574-4235(直通) E-mail ktnc@tachibana-u.ac.jp

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願