現代ビジネス学部 都市環境デザイン学科

岡本和斗さん
(静岡県・浜松開誠館高等学校出身)

ー 京都橘大学を受験しよう(入学しよう)と思った理由(きっかけ)を教えてください。

都市環境デザイン学科に3つのラーニングコースがあることに魅力を感じたからです。高校生の頃から観光学について勉強したいと考えていましたが、1回生の頃は建築の分野や公共政策に関する授業も受講することができるので、将来の幅が広がるのではないかと思い受験を決めました。

ー 実際に京都橘大学に入学して、「受験した時に抱いていたイメージ」と違った点、その通りだった点などを教えてください。

オープンキャンパスで大学に来た時に、親切な先輩や先生がたくさんいるというイメージを抱きました。入学後も、その通りだったと感じています。学部・学科の先生や先輩方、サークルの先輩と優しい人がたくさんいます。

ー 今、大学生活で一番充実している(楽しい)と感じることは何ですか?

今は課外活動がとても楽しいです。私は現代ビジネス学部のまちづくり研究会という研究会に所属しています。その活動を通して、授業とは異なる学びをたくさん経験できていると実感しています。

ー あなたが感じている、京都橘大学の魅力(ここが他の学校と違う!という点)を教えてください。

全ての学部・学科の学生が1つのキャンパスに通っているので、サークル活動などで友達ができると、それぞれの学部の学びについて話を聞くことができ、とても楽しいと感じています。

ー 将来の夢を教えてください。

まだ具体的には決めていませんが、観光に関わる仕事をしたいと考えています。

ー 大学生活での目標(取得したい資格や身につけたい知識・経験等)は何ですか?

知識に加えて実践力も身につけたいと考えています。座学だけでは学べないこともあると思うので、所属しているまちづくり研究会の活動を大切にしていきたいと考えています。

ー 学業以外で励んでいること(ボランティアやサークル活動、アルバイト等)はありますか?

アルバイトを頑張っています。授業やサークル活動があるので空き時間を見つけることは大変ですが、やりがいを感じています。

ー 学部学科の魅力、魅力に感じた授業は何ですか。

都市環境デザイン学科の魅力は3つのラーニングコースがあることです。魅力に感じた授業は、「公共政策入門」という授業です。映画や演劇を事例に、地域公共政策を文化プロデュースの観点から学びました。課外授業が取り入れられた授業で印象に残っています。

ー 「京都橘大学のここがすごい!」を自慢してください。

就活で役立つ筆記試験や面接、グループワークの対策が充実しています。

ー 京都橘大学を受験する高校生のみなさんにひとこと。

大学での学びは小学校や中学校、高校とも違います。大学ではどの授業を受けるか、どんな経験を積むか自分で選ぶことができます。だからこそ、楽しいことや頑張れることがたくさんあると思います。自分の目標を達成するために頑張ってください。応援しています。