変化を楽しむ人であれ 京都橘大学

新型コロナウイルス感染症に関する情報

緊急募金のお願い

理事長・学長からのご支援のお願い

「つながるたちばな奨学金」にご寄付をお寄せ下さい

 新型コロナウイルス感染拡大により国内外で人々の生活に深刻な影響が出ています。

 私たちの本務である教育についても、例えば授業の全面遠隔化など過去に経験したことのない対応を迫られる事態となりました。幸い、教育の維持継続という点では、教職員挙げてのご努力によって何とか展望を切り開くことができています。

 しかし、コロナ禍の経済への影響が深刻になる中で、少なくない学生たちとその保護者の方々の生計もまたその影響を受けています。

 昨今の文教政策の展開において経済的に恵まれない家庭の子弟については日本学生支援機構(JASSO)などを中心に以前と比べればかなりの程度充実した奨学金制度が導入されています。しかし、家計の急変や学生自身の手によって学費を工面している場合など、さらには、JASSO奨学金の支給基準に当てはまらない場合など、公的な奨学金の対象とならない場合も予想されます。

 そこで私たちは京都橘大学独自の制度として「新型コロナウイルスの影響によるひとりの退学者も生まないための給付奨学金」を設けました。この奨学金は通称「つながるたちばな奨学金」と呼んでいますが、文字通り「たちばな」の関係者が学生とつながり、学生が「たちばな」とつながる願いを持った奨学金制度です。

 学ぶ志のある学生たちが意に反して経済的な理由で退学せざるを得ない状況はなんとしても防ぎたいと思います。何人の学生に応募していただけるかは正直予想がつきません。ただ、要件を満たす学生にはしっかりと給付したいと願っています。そのためには奨学金用の原資が必要です。趣旨をお汲み取りの上、「つながるたちばな奨学金」に浄財をご寄付くださるようお願いする次第です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

京都橘学園

理事長 梅本 裕

  

コロナウイルス禍の試練に挑む学生へご支援をお願いします

 新型コロナウイルス感染症の世界的拡大により、私たちの生活は大きな変化を余儀なくされましたが、大学教育もかつてない試練に立ち向かっております。本学は感染予防のため卒業式も入学式も中止しましたが、4年間の教育課程が停滞することのないように、本年度の全前期授業を遠隔授業として配信し行っています。

 私どもは、学生をその時代に要請される社会人・職業人として育成して世に送り出すことを使命とする大学であり、すべての学生に学修の機会を提供する責務を有しております。コロナ禍の中にあっても、教職員はあらん限りの知恵と方策を凝らして良質の教育の提供に挑戦しており、学生はそれに応えて大変熱心に遠隔授業に取り組んでおります。

 このように教職員も学生も、急遽全学的規模の遠隔授業という課題に挑んでおりますが、これによって図らずも今後一挙に押し寄せてくるであろう情報社会で活躍するための能力の養成につながる教育の先駆けとなると考えています。

 一方で、学生の生活面を取り上げますと、感染予防のための自粛要請施策に起因するご家庭の減収や学生自身のアルバイト失職など、学生を取り巻く経済的な状況は芳しくなく、この先の修学継続にも不安を抱く学生も少なくありません。

 本学はこの度の感染症対策として、「新型コロナウイルスの影響によるひとりの退学者も生まないための給付奨学金」をはじめ、貸与奨学金の制度、学費延納期限の延長、学生の通信環境の整備、図書館の送本サービス、ピアサポーター制度(新入生への修学支援・学生生活支援と上回生への経済支援)、オンラインでの就職活動の支援などを実施しております。

 学生たちには、常々、第4次産業革命後の情報社会を築いていく世代であり、人類の未来はあなた方に委ねられていると伝えています。世界中のコロナウイルス禍はやがて収束してゆくでしょうが、その後のAI時代・IT社会を、「誰一人取り残さない」信頼と調和に満ちた世界へと発展させるために、学生たちには今は大学で教養と専門性を身につけてほしいと願ってやみません。どうか、未来を築く学生たちにご支援をお願いします。

 

京都橘大学

学長 日比野 英子

新型コロナウイルス感染症に関する情報へ戻る

国家試験等合格状況
TACHIBANA DISCOVERY(下層バナー)
2019年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026
[an error occurred while processing this directive]