経営学科

経営学科

経営を学んだら、社会が違って見えてくる、
未来が大きく広がっていく。

経営学科では、あらゆる企業や組織において求められる経営的な視点を、6つの専門的なコースで身につけます。企業経営、情報ビジネス、金融、グローバルビジネス、さらに自治体や医療分野での活躍に必要な試験突破や資格取得を可能にするコースまで、幅広い進路を想定しながら、経営学を専門的に学びます。
また企業と提携し、ビジネスの最先端で活躍する講師による講義や、企業へのビジネスプラン提案を実践的に行う課題解決型学習(PBL ※)なども実施。社会に触れ、現実の課題の解決に挑戦するなかで、社会人としての基礎を身につけるとともに、コミュニケーション力やプレゼンテーション力、さらにマーケティングや調査に欠かせない知識やスキルなど、実社会に直結する多様な力を磨きます。

※PBL:Project - Based Learning

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 日本語教員
  • 診療情報管理士認定試験受験資格
  • 初級地域公共政策士
  • グローカルプロジェクトマネージャー

取得をめざす資格

  • ビジネス能力検定(B検)ジョブパス(2・3級)
  • 簿記検定(日商2・3級)
  • ファイナンシャル・プランニング技能士(2・3級)
  • 宅地建物取引士
  • メディカルクラーク®
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者 など

↓

将来の進路

  • 一般企業
    (営業・商品企画・調査企画・販売・財務・人事部門等)
  • 公務員
  • マスコミ・出版関係(新聞・雑誌・図書など)
  • インターネット関係
    (ネットビジネス・コンテンツ産業など)
  • 病院職員
  • 医療事務
  • MR(医薬情報担当者)
  • 診療情報管理士
  • 金融機関
  • 外資系企業 など

実践的なビジネス力を身につける
課題解決型学習(PBL)を積極的に展開。

実践的なビジネス力を身につける課題解決型学習(PBL)を積極的に展開。実践的なビジネス力を身につける課題解決型学習(PBL)を積極的に展開。

実際の企業へのビジネスプランの提案や企業・組織での実務体験などに取り組む、課題解決型学習(PBL)。学生にとってはビジネスの実務に触れることができ、企業にとっては学生の感性を取り入れることができるという、互いにメリットが生まれる取り組みです。これまでに京都市内のNPO 法人「グローカル人材開発センター」との連携や、京都市の事務事業評価サポーター活動などに取り組みました。またユニクロなどを展開するファーストリテイリンググループ・株式会社ジーユーとは産学連携プロジェクトを実施。他大学も参加したコンペ形式のプレゼンテーションで、学生が就活生向けの会社案内の提案を行いました。学生にとって企業での仕事の一端を知る貴重な機会になりました。

[公務員試験支援センター]
公務員採用試験の合格を強力にサポート!

[公務員試験支援センター]公務員採用試験の合格を強力にサポート![公務員試験支援センター]公務員採用試験の合格を強力にサポート!

難関の公務員採用試験合格に向け、公務員試験支援センターでは、専門スタッフによる段階的なトータルサポートを行っており、全学部の学生が利用可能です。

POINT

  • 1回生から段階的にサポート
  • 専門スタッフが常駐、個別相談にも対応

ただの経営学科ではありません。描く明確な道へ突き進む「新しい経営学科」です。

CAMPUS MOVIE

京都橘大学 現代ビジネス学部の
学生生活が、動画でご覧になれます。

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス