健康科学研究科

※健康科学研究科健康科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)は2021年4月開設予定(仮称・設置認可申請中)。
計画内容は予定であり、変更することがあります。

※健康科学研究科健康科学専攻(博士前期課程)を設置した場合、健康科学研究科健康科学専攻(修士課程)は、2021年4月から学生募集を停止します。

心身の健康の向上と新しい生き方の創出に資する人材の養成

健康科学研究科長 村田 伸 教授

健康科学研究科長
村田 伸 教授

健康科学研究科健康科学専攻は、少子高齢化が著しい現代の日本社会において、小児・青年・成人・高齢者などの人々の心身の健康の向上と新たな充実した生き方の創出に資するために、こころとからだに心理学や理学療法学の視点からアプローチし、横断的統合的研究を推し進め、それらを社会に還元することを企図して開設されました。

2021年4月には、博士後期課程を開設するとともに、修士課程を充実させ、理学療法学コース、臨床心理学コース、心理学コースに新たに救急救命学コースを加えた博士前期課程へと再編成します。

博士前期課程では、最新の知識・技術と研究力を有する理学療法士や救急救命士、医療・福祉・教育の現場で人々を支援し問題解決を図る公認心理師・臨床心理士、企業において職場のメンタルヘルスや消費者行動の探究に貢献できる専門的職業人を養成します。博士後期課程では、「根拠に基づく健康科学Evidence-Based Health Sciences」を追究し、①国際的に活躍できる研究者、②卓越した専門的知識と識見を持つ教育者、③現場のイノベーションに寄与できるマネジメント能力を有する高度専門職者を養成します。

理学療法学・臨床心理学・心理学・救急救命学の研究者と大学院生が、基礎となる知識を共有・交流し、そこから互いにインスピレーションを得て、健康科学研究を産出してゆく学府を築いてまいります。

健康科学研究科の特色

博士前期課程には従来の健康科学専攻(修士課程)にあった理学療法学、臨床心理学、心理学の各領域に加えて、救急救命学の領域を新たに設置します。博士後期課程は博士前期課程における4つの領域を統合し、健康生命科学領域(基礎的研究)と健康・生活支援科学領域(応用的研究)の2つの領域に区分し、健康科学の学問的発展を支えます。

健康科学専攻 (博士前期課程)

健康科学専攻 (博士後期課程)

心理職初の国家資格 公認心理師
TACHIBANA DISCOVERY(下層バナー)
2019年度教員等採用試験合格状況
国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
21改革サイト 3学部(下層)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026
  • 資料請求
  • オープンキャンパス