心理学科

心理学科

心理学の学びが、
社会のあらゆる分野に通じる糧になる。

心理学科では臨床、福祉、教育、産業など、あらゆる分野において活用できる豊富な科目を開講。企業活動への貢献、円滑な対人援助、パーソナリティの形成・発達・病理の解明など、社会のさまざまなフィールドで役立つ知識を身につけます。
まず心理学の基礎を学んだうえで、「臨床心理学」「社会・産業心理学」「発達・教育心理学」「行動神経科学」という4つの領域から、さらに専門性を深めていきます。
地域の課題を知りその解決法を考えたり、企業と共同で消費者心理について研究するなど、心理学の知識が実社会でどういきるのか、体験を通して学ぶ機会もあります。
また、所定の科目を履修することにより、卒業と同時に、日本心理学会認定の認定心理士の資格も取得可能。大学院で引き続き学ぶことで、臨床心理士受験資格、公認心理師国家試験受験資格も取得できます。

取得できる資格

  • 認定心理士
  • 学校図書館司書教諭
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 社会調査士
  • 図書館司書

取得をめざす資格

  • 臨床心理士受験資格(大学院修了後)
  • 公認心理師国家試験受験資格(大学院修了後もしくは実務経験後)

↓

将来の進路

  • 病院、精神科クリニック
  • 精神保健福祉センター
  • こども相談センター(児童相談所)
  • 子育て支援センター
  • スクールカウンセラー
  • 高等学校教員
  • 家庭裁判所調査官
  • 少年鑑別所技官
  • 少年院教官
  • 企業の人事・労務部門
  • 企画・開発部門
  • 広告・宣伝部門 など
心理職初の国家資格 公認心理師

心理職初の国家資格「公認心理師」の養成がスタート。
医療系学部の強みをいかした学びを実現。

心理学科、および大学院健康科学研究科では、心理職初の国家資格である「公認心理師」の養成課程がスタートしました。心理臨床の現場から医療、福祉、教育、司法、産業分野まで幅広い領域で「公認心理師」の活躍が期待されています。心理学科とともに4つの医療系学科をもつのが健康科学部の強み。医療系学科と連携して「医療と心理領域」の科目を開講するなど、特長ある教育で、公認心理師をめざす学生を力強くサポートします。また公認心理師の国家試験受験資格に不可欠な演習・実習を豊富に用意。臨床現場を体験するだけでなく、企業との共同研究など多岐にわたる演習・実習を通じて、実践力を養います。さらに大学院健康科学研究科に進学することで、「公認心理師」と「臨床心理士」のダブル取得をめざすこともできます。

幅広い領域から社会でいきる心理学を学ぶ。

幅広い領域から社会でいきる心理学を学ぶ。

FacebookFacebook

CAMPUS MOVIE

京都橘大学 健康科学部の
学生生活が、動画でご覧になれます。

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス