心理学科

心理学科

人の心と行動に迫り
社会のさまざまな分野で役立つ
知識と実践力を養う。

心理学の基礎を学んだのち、「臨床心理学」、「社会・産業心理学」、「発達・教育心理学」、「行動神経科学」という4つの領域で専門性を深めていきます。企業活動への貢献から、パーソナリティに関わる病理の解明まで、役立つフィールドはさまざま。そのスキルが実社会でどういかされるのか、企業との協働による消費者心理の研究を行うなど、体験をとおして学べる機会も豊富です。

取得できる資格

  • 認定心理士
  • 学校図書館司書教諭
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 社会調査士
  • 図書館司書

取得をめざす資格

  • 公認心理師国家試験受験資格(大学院修了後もしくは実務経験後)
  • 臨床心理士受験資格(大学院修了後)

↓

将来の進路

  • 病院、精神科クリニック
  • 精神保健福祉センター
  • こども相談センター(児童相談所)
  • 子育て支援センター
  • スクールカウンセラー
  • 高等学校教員
  • 家庭裁判所調査官
  • 少年鑑別所技官
  • 少年院教官
  • 企業の人事・労務部門
  • 企画・開発部門
  • 広告・宣伝部門 など

心理職初の国家資格「公認心理師」の養成がスタート。
医療系学部の強みをいかした学びを実現。

心理学科、および大学院健康科学研究科では、心理職初の国家資格である「公認心理師」の養成課程がスタートしました。心理臨床の現場から医療、福祉、教育、司法、産業分野まで幅広い領域で「公認心理師」の活躍が期待されています。心理学科とともに4つの医療系学科をもつのが健康科学部の強み。医療系学科と連携して「医療と心理領域」の科目を開講するなど、特長ある教育で、公認心理師をめざす学生を力強くサポートします。また公認心理師の国家試験受験資格に不可欠な演習・実習を豊富に用意。臨床現場を体験するだけでなく、企業との共同研究など多岐にわたる演習・実習を通じて、実践力を養います。さらに大学院健康科学研究科に進学することで、「公認心理師」と「臨床心理士」のダブル取得をめざすこともできます。

滋賀県草津駅前にて街頭調査を実施。
市民の購買行動調査から、学生視点でまちの活性化を草津市に提案。

滋賀県草津駅前にて街頭調査を実施。市民の購買行動調査から、学生視点でまちの活性化を草津市に提案。

2019年11月、本学学生が滋賀県草津駅東口の2つの商業施設で来場者調査を行いました。この取り組みは、本学と草津市が包括協定を結んだ2015年から授業の一環としてスタート。マーケティング調査の事例・方法・調査計画など一連の知見をいかし、体験的理解を深め、実践的なスキルの修得を目的として実施しています。それぞれの商業施設を訪れた方を対象に、来場目的や交通経路、購入商品、利用したサービスなどについて対面調査を行いました。得られた回答は、学生が調査結果としてまとめ、集客や販売促進のアイデアとともに草津市に報告。市街地の活性化に向けた基礎的データとして活用される予定です。

幅広い領域から社会でいきる心理学を学ぶ。

幅広い領域から社会でいきる心理学を学ぶ。

心理職初の国家資格 公認心理師

CAMPUS MOVIE

京都橘大学 健康科学部の
各学科の特長を分かりやすく解説

TACHIBANA DISCOVERY(下層バナー)
2019年度教員等採用試験合格状況
国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
21改革サイト 3学部(下層)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026
  • 資料請求
  • オープンキャンパス