お知らせ

2021年4月の改革構想を発表-AI時代に活躍する人材の養成に向け、3学部を新設!

 4月18日(木)、京都橘大学(京都市山科区、学長・日比野英子)は本学の新たなビジョンとなる2021年度に向けた改革の構想を発表しました。
 『 Innovation for Future Life 』を改革コンセプトとして、2021年4月、「情報理工学部」「経営学部」「経済学部」の3学部(いずれも仮称)の開設を構想中です。また、新学部開設に伴う新棟の建設を計画しています。
 急速に発展しているAIやIoTなどの情報技術と、社会創造のための種々の知恵や技術を総合し、豊かな生活環境、先進的な都市環境、健康長寿社会の構築へ貢献できる人材の育成をめざします。また、国際、人文、教育、社会、医療系など幅広い分野の教員・学生が集う「一拠点総合大学」の強みをさらに発展させ、分野を越えた"つながり"と"実践"により新たな価値の創造をめざすなかで、学生の成長を促す教育を展開します。

※構想中。計画内容は予定であり、変更することがあります。


〇2021年度に向けた改革構想の詳細は以下をご覧ください
 ▶新学部特設サイト
 ▶改革構想(プレスリリース資料)pdf.gif[420.0 KB]

2019年度お知らせ一覧へ

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA