お知らせ

【重要】2021年度からの100分授業の導入と新しい授業時間割について

2021年度からの100分授業の導入と新しい授業時間割について(お知らせ)

京都橘大学   

学長 日比野英子

 

京都橘大学は、2021年度から全学部(通信教育課程を除く)および大学院において、100分授業を導入するとともに新しい授業時間割とします。

 

現在は、各学期とも90分授業を15週で行っていますが、2021年度からの新しい授業時間割では、1回の授業時間を100分とし、1学期の授業期間を14週とします。

 

この新しい授業時間割の導入は、各授業科目において、教員・学生が双方向に意思疎通を行い、学生の主体的な学びを重視する授業(アクティブラーニングなど)への転換など、教育方法の改善につなげることをめざすとともに、各学期の授業期間を短縮することで夏季・春季の休みを利用した、ボランティアやインターンシップ、海外研修への参加などの授業外学修が促進されることをめざしたものです。

 

〇2021年度からの時間割

時限授業時間帯
1時限 9:00~10:40
2時限 10:55~12:35
3時限 13:20~15:00
4時限 15:15~16:55
5時限 17:10~18:50
   6時限(※) 19:00~20:40

6時限は主に大学院の授業を開講する予定です。

 

〇開始年度

 2021年4月より開始

 

〇対象

 全学部・大学院

※2021年4月開設予定の経済学部・経営学部・工学部を含む。

 -設置構想中。新学部学科名はいずれも仮称。計画内容は予定であり、変更することがあります。

※通信教育課程を除く。

※大学院においては社会人学生の履修に配慮して柔軟に運用する。

2019年度お知らせ一覧へ

2019年教員等採用試験合格状況
国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
21改革サイト 3学部(下層)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026