2022に向けてのビジョン

京都橘学園は、社会の要請に応えた教学を実現するとともに、教育の質を飛躍的に高め、社会から安定的な評価を得る存在となることをめざします。そのために、学園全体の将来像(ビジョン)を明確に示し、ミッションの実現に取り組みます。

学校ごとのビジョン

京都橘大学

01
時代の変化に対応した学部学科編成
・社会のグローバル化、産業構造の変化に対応した学部学科再編
・大学院や通信教育課程改革の推進
・教学改革の推進
02
研究の質向上
・競争的資金の獲得促進
・教学の特色・特徴を反映した機関研究、共同研究
03
社会で活躍する人材の育成
・国家試験合格率と就職率の向上
・学生の「総合基礎力」を向上
・グローバル化に対応した教育
・学生の修学意欲の維持向上など中退の防止
04
学生の活躍と社会貢献
・クラブサークルへの多様な支援
・山科醍醐地域、被災地域でのボランティア活動推進
05
地域の核となる大学
・地域における医療・看護分野、まちづくりの拠点に
・地域を学習研究フィールドに
・医療・看護の地域人材育成のためのプログラム提供
06
安定的な志願者獲得
・京都・滋賀・大阪北部での志願者拡大、全国エリアでの募集強化
・5000人規模の学生数を実現
07
改革を推進する大学組織
・学長のリーダーシップを支える組織の編成
・学長のもとに迅速で一貫した教学マネジメントの推進
・教育の質を保証する教学改革
・IR体制の整備、教育開発を支援する組織の編成
08
快適で安全で安心な施設整備
・20年後のキャンパスをデザイン

京都橘中学校・高等学校

01
文武両道、社会に貢献する人材の育成
・社会のリーダーや第一線で活躍する人材の育成
・生徒の進路に対応したコースの編成
・進路指導体制、専門指導力、教科や学年のチーム力の強化
02
高い進学実績の実現
・国公立および関関同立での大学合格実績の拡大
・中高一貫教育で将来のリーダーを育成
・京都橘大学への内部進学を抜本的に強化
03
日本一をめざすクラブ育成
・日本一をめざすクラブの強化
・英語系、理数系、文化系クラブの強化
・独自奨学金制度の有効な活用
04
募集力強化による安定した経営基盤構築
・中学校や塾との関係強化
・学校規模を生徒数1200名に
05
伏見桃山での学校づくり
・サッカーフィールドを備えたグラウンド整備
・施設設備のブラッシュアップ

京都橘学園

01
学園としてのブランド・募集力の確立
・創立120周年にむけた京都橘ブランドの確立
02
ステークホルダーとの関係強化
・卒業生ネットワークの構築
・父母の会との連携強化
・企業、自治体等との関係強化
03
事務局体制の整備と職員育成を進める(SD)
・教学改革に対応した事務局体制整備
・人事評価制度の改善、職員の能力開発、人事配置の計画的実施