メディア掲載情報

「京都ソリデール」について健康科学部作業療法学科の小川敬之教授がコメント

 京都府内で行われている、高齢者が自宅の空いている部屋を大学生らに貸し、交流しながら同居する次世代下宿「京都ソリデール」事業について、健康科学部作業療法学科の小川敬之教授が京都新聞から取材を受けた。小川教授は「脳の健康を保つには、適度な運動、栄養、趣味・交流が必要といわれています。さまざまな世代とつながり、会話したり笑うことはとても大切。高齢者と若者が一緒に生活するソリデールは出会いの場で、交流効果があります。マイルドな緊張感もあり、認知症になるリスクを下げることにもつながる」と話した。

【2019年2月13日 京都新聞に掲載】

2018年度メディア掲載情報一覧へ

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA