リカレント講座

看護異文化交流・社会連携推進センター 2019年度リカレント講座
高めよう実践力!―看護実践の中で直面するジレンマへの対応―(全5回)

 私たち看護職は、対象者と向き合う中で、判断が難しい課題、例えば「対象者の尊厳を守れたケアが行えているか」「代理意思決定は本人の希望に即したものか」といったものによく遭遇します。これらの倫理的課題に正解はありませんが、そこで生じるジレンマに、スペシャリストたちはどのように向き合っているのでしょうか。
 今年度の看護リカレント講座では、こうした「リアルな看護倫理」をテーマにお届けします。ベテランの方も新人の方もぜひご参加ください。

第1回 2019年7月2日(火)「看護職にとっての倫理とは」
講師:梶谷 佳子(京都橘大学看護学部教授)

第2回 2019年8月6日(火)「病院現場で生じるジレンマ PART1」
講師:鹿島 秀明(医誠会病院ICU師長 急性重症患者看護専門看護師)
   光岡 由紀子(滋賀医科大学医学部附属病院 リエゾン精神看護専門看護師)

第3回 2019年9月3日(火)「病院現場で生じるジレンマ PART2」
講師:藤野 崇(近畿大学医学部附属病院 家族支援専門看護師)
   前田 一枝(京都市立病院 母性看護専門看護師)

第4回 2019年10月1日(火)「地域医療現場で生じるジレンマ」
講師:谷口 智恵己(よつば訪問看護ステーション所長)
   向 美保(看護小規模多機能型居宅介護 友愛の家ヴォーリズ 管理者)

第5回 2019年11月5日(火)「緩和ケアに関する倫理的課題」
講師:田村 恵子(京都大学大学院医学研究科教授)

●会  場:キャンパスプラザ京都(ビックカメラJR京都駅店前、JR京都駅ビル駐車場西側)

●時  間:各回とも18:10~19:30
●定  員:各回100名(先着順)
●対  象:看護職者、介護職者、医療関係者(学生可)
●受 講 料:各回1,000円、5回一括申込の場合4,000円(いずれも税込)
●受  付:2019年5月8日(水)より
※諸事情により、講演内容・講師は予告なく変更となる場合がございます。また、いかなる場合も返金の対象となりません。あらかじめご了承ください。

<お申し込み方法>
申込フォームまたは、電話・FAX・E-mailで受け付けます。
FAX・E-mailの場合は、「看護リカレント講座」と明記の上、①受講希望日 ②氏名(ふりがな) ③住所 ④電話番号 ⑤E-mail ⑥勤務先 を添えてお申し込みください。
複数名でお申し込みの場合は、全員のお名前・受講希望日等をお知らせください。
※大学一斉休校期間〈2019年8月10日(土)~8月18日(日)〉にお申込みをされた方には、休校明けに順次ご案内させていただきます。

 申込フォームはこちらから ※2019年5月8日(水)より
 FAX申込用紙【個人用】
 FAX申込用紙【団体用】

<お申込注意事項>
・お申込は先着順となります。定員に達した場合は、キャンセル待ち扱いまたは申込受付を終了とさせて頂く場合がありますのでご了承ください。
・申込受付日以前に頂いたメール・FAX等でのお申込みは無効とさせて頂きますのでご了承ください。
・お申込を受け付けた方に随時受講案内をお送りします。お支払い方法、講座の詳細についてはご案内をご確認ください。万が一、お申込後10日以内に受講案内がお手元に届かない場合は、お手数ですが下記連絡先までお問い合わせください。

<お問い合わせ・お申し込み先>
京都橘大学 エクステンションセンター(学術振興課)
 TEL.075-574-4186(直通) 電話受付時間 9:00~17:00(土日祝を除く) 
 FAX.075-574-4149 
 E-mail aca-ext@tachibana-u.ac.jp

<個人情報の取り扱いについて>
受講のお申込みに際しご提供いただいた個人情報は、京都橘大学が適切な方法で管理し、法令上の理由など特段の事情がない限り、受講者の同意なしに第三者への開示・提供はいたしません。
また、受講者の個人情報は、本学の責任において受講者情報として登録・管理し、今後新しい講座のご案内などを送る際に利用させていただくことがあります。あらかじめご了承ください。
なお、上記の利用目的に同意できない場合には、エクステンションセンターにご連絡いただくことで、ご提供いただいた個人情報を削除することができます。

リカレント講座一覧へ

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA