たちばな教養学校 Ukon

京都橘大学は、2023年4月、「生きる」をもっと深く味わうための新しい学びのプロジェクト「たちばな教養学校 Ukon」を開講します。誰でも参加できる連続公開講座として様々なイベントを実施していきます。
「たちばな教養学校 Ukon」では、学頭に河野通和氏(編集者・読書案内人・本学客員教授)をお迎えし、自然や生命のなりたち、社会のあり方、私たちの生き方を問いながら、「ともに学ぶ」を通して、自他の関係を見直し、<ケア>の精神に生かされた寛容な社会をめざします。
「たちばな教養学校 Ukon」の開講を記念して連続トークイベントを開催します。ぜひご参加ください。

開講記念 連続トークイベント

終了しました

第1回

2022年 11月6日(日) 13:30-15:00 予定

小川洋子 さん(小説家)

「物語を生きる、物語を紡ぐ」

京都産業会館ホール 南室 / 有料・定員あり

小川さんのトークイベントの様子は、別途オンデマンド配信を行う予定です(別途申込必要)。
詳細は決まり次第、このサイトでご案内します。

申込受付中

第2回

2022年 12月10日(土) 13:30-15:30 予定

森田真生 さん(独立研究者)

「いま、学ぶということ」

京都産業会館ホール 北室 / 有料・定員あり

河野学頭からの紹介

「行動的な、若き気鋭の思索家です。彼の言葉とまなざしが、いまもっとも読み手の心を震わせます」

申込受付中

第3回

2023年1月22日(日) 13:30-15:10 予定

湯浅誠 さん(社会活動家)

「こども食堂という奇跡」

京都産業会館ホール 北室 / 有料・定員あり

河野学頭からの紹介

「全国で、ついにその数6000ヵ所!なぜこども食堂は、こんなに爆発的に広がるのか?その秘密と可能性をお聞きします」

講師プロフィール
(画像クリックで表示します)

小川洋子/小説家
1962年岡山市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。大学病院秘書課勤務後、1988年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞を受賞してデビュー。1991年「妊娠カレンダー」で第104回芥川賞受賞。主著に『薬指の標本』、『密やかな結晶』、『アンネ・フランクの記憶』、『博士の愛した数式』(読売文学賞、本屋大賞)、『ブラフマンの埋葬』(泉鏡花文学賞)、『ミーナの行進』(谷崎潤一郎賞)、『ことり』(芸術選奨文部科学大臣賞)、『小箱』(野間文芸賞)など。2007年フランス芸術文化勲章シュバリエ受章。2021年紫綬褒章受章。最新刊に『掌に眠る舞台』。

閉じる

講師プロフィール
(画像クリックで表示します)

森田真生/独立研究者
1985年東京都生まれ。京都東山の麓にある研究室を拠点に、研究・教育・執筆のかたわら、国内外で「数学の演奏会」や「数学ブックトーク」など、ライブ活動を行う。2015年10月刊行のデビュー作『数学する身体』で、第15回小林秀雄賞受賞。以降、主著に『数学の贈り物』、『僕たちはどう生きるか』、絵本『アリになった数学者』(絵・脇坂克二)、編著に岡潔著『数学する人生』など。2021年『計算する生命』で第10回河合隼雄学芸賞受賞。最新刊は『偶然の散歩』

閉じる

講師プロフィール
(画像クリックで表示します)

湯浅誠/社会活動家
東京大学先端科学技術研究センター特任教授。認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長。1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。1990年代よりホームレス支援に従事し、2009年から足かけ3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。内閣官房こども家庭庁準備室「こどもの居場所づくりに関する調査研究検討委員会」座長。主著に『つながり続ける こども食堂』、『「なんとかする」子どもの貧困』、『ヒーローを待っていても世界は変わらない』、『反貧困』(大佛次郎論壇賞、平和・協同ジャーナリスト基金賞)など。

閉じる

たちばな教養学校 Ukonとは

~あなたは明日、どんな新しい自分に出会いたいですか?~

私たちの人生や社会は、容易に答えの見つからない厄介な事柄に溢れています。そんな岐路に立たされた時、思いがけない出会いや体験があなたを支えてくれるかもしれません。それを捉えるセンスこそが「生きた教養」だと思います。
教養を学ぶということは、頭を柔らかくして、心をときほぐすこと。心のストレッチをして、可動域を拡げてみることではないでしょうか。
たちばな教養学校 Ukon は、多様な他者との共助・協働=〈ケア〉の精神に支えられた寛容な社会をめざします。
学びを通じた予想外の出会いから起こる自らの変化を楽しみ、人と人とのつながりや「対話」を通して、それぞれの人生を豊かにするきっかけとなる学校でありたいと思います。
もっと自由に、しなやかに。未来にむかった世界への広がりを感じながら、“生きる”をもっと深く味わってみませんか。

学頭プロフィール

河野通和/編集者・読書案内人・本学客員教授
1953年、岡山市生まれ。東京大学文学部ロシア語ロシア文学科卒業。1978年、中央公論社(現中央公論新社)入社。おもに雑誌編集にたずさわり、「婦人公論」「中央公論」編集長を歴任。取締役雑誌編集局長兼広告統括部長を最後に、2008年、同社退社。2009年、日本ビジネスプレス特別編集顧問に就任。2010年、新潮社に入社し、季刊誌「考える人」編集長を6年9ヵ月務める。その間、週に一度配信した編集長のメールマガジンは1万8000人超の登録者に愛読され、『言葉はこうして生き残った』(ミシマ社)、『「考える人」は本を読む』(角川新書)の2冊の著書となる。2017年3月、同社を退社。翌月、株式会社ほぼ日入社。「ほぼ日の学校(のちに學校)」初代学校長を務める。2021年10月末に退社。「河野文庫」を立ち上げ、編集者・読書案内人として活動する。2022年4月より京都橘大学客員教授となり、現在にいたる。

学頭・河野通和からのメッセージ

人生は、クイズ番組の「早押し」競争ではありません。正解を求めて目の色を変える必要などないのです。自分の胸にストンと納得のいく答えを得るまでには、それなりの時間と労力を要します。慌てず、騒がず、焦らずに、そのプロセスを我慢強く耐えていれば、しだいに心身が解きほぐされ、考えること自体がおもしろくなってくるから不思議です。まして誰か仲間と「場」を共有し、一緒に問いを分かち合うと、なおさらに――。いまいる環境になじめない、先の見えない不安に襲われる、生きづらい……私たちの人生や社会は、容易に答えの見つからない厄介な事柄に溢れています。そんな岐路に立たされた時、思いがけない出会いや体験が、あなたを支えてくれるかもしれません。それこそが「生きた教養」だと思います。この講座を通して、あなたのなかの何かが変わり、視野が少し広がって、明日に向かう勇気と希望が湧いてくることを祈ります。

学頭が考える<ケア>の精神

「みんなちがって、みんないい」(金子みすゞ)——多様性(ダイバーシティ)が賞賛される時代です。しかし、個性や価値観、利害の異なる人たちと、実際に「共助・協働」するのは決して容易なことではありません。カギになるのは、エンパシー(人を思いやる力)だと思います。他者の内面に想像力をはたらかせ、対話し、配慮し、お互いの生を支え合う――「共生」の精神、広い意味における「ケア」の創造的な営みがその核ではないかと思います。私たちは誰しもケアする、ケアされる関係性の中に生きています。それは医療や福祉の世界に限ったことではなく、育児や仕事など私たちの個人的な、あるいは社会的な活動全般において、さらには「生命の網」自体にいたるまで、存在の基盤はすべて「共助・協働」に支えられています。競争、対立、分断が際立つ時代だからこそ、分かち合い、他者をいたわる寛容の社会を築くため、私たちの心の中にあるケアの精神を改めて耕したいと考えます。

FM-KYOTO「α-STATION」で毎週水曜日15:00~16:00にお届けしている京都橘大学のラジオ番組です。学頭・河野通和の出演回を公開しています!

お問合せ先

たちばな教養学校 Ukon 開講準備室
(京都橘大学 生涯教育・通信教育課)
 〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34
 TEL: 075-574-4335
 e-mail:extension@tachibana-u.ac.jp

2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026
  • 出願
  • 入試情報
  • 資料請求
  • オープンキャンパス