こども園のご案内

こども園の概要

幼保連携型 認定こども園とは

保護者の就労に関わらず、就学前の教育・保育を一貫して提供する施設です。また、幼稚園や保育所、認定こども園に通っていない場合でも、子育て相談や親子の集いの場の提供など、地域の子育ての支援を行います。

※認可幼稚園と認可保育所の認可基準を満たし、学校及び児童福祉施設としての法的位置付けを持つ単一の施設です。

  • 開園予定

    2018(平成30)年4月

  • 所在地

    滋賀県草津市大路二丁目191番

    Google mapでみる


開園時間(予定)

教育保育時間 預かり保育時間
1号認定 平日 8:30~14:30 14:30~18:00
教育保育時間 延長保育時間(朝) 延長保育時間(夜)
2・3号認定 平日 保育標準時間 7:15 ~ 18:15 7:00 ~ 7:15 18:15 ~ 19:30
保育短時間 8:30 ~ 16:30 7:00 ~ 8:30 16:30 ~ 19:30
土曜 保育標準時間 7:15 ~ 18:15 7:00 ~ 7:15 18:15 ~ 18:30
保育短時間 8:30 ~ 16:30 7:00 ~ 8:30 16:30 ~ 18:30

※ 教育保育時間および延長保育時間、預かり保育時間は現時点の予定になります。
※ 延長保育料と預かり保育料は有料となります。

利用定員(予定)

利用年齢 1号認定 2号認定 3号認定
0歳児 - - 12人 12人
1歳児 - - 20人 20人
2歳児 - - 24人 24人
3歳児 20人 24人 - 44人
4歳児 25人 25人 - 50人
5歳児 25人 25人 - 50人
70人 74人 56人 200人
  • 職員体制(予定)

    • 園長
    • 副園長
    • 主幹保育教諭
    • 保育教諭
    • 看護師
    • 調理員
    • 事務職員
  • 移管条件

    たちばな大路こども園(仮称)の設置は草津市の「草津市幼保一体化推進計画」に基づき、草津市立第六保育所と同市立大路幼稚園の統合・民営化による公募型整備・運営事業に、本学園が採択されたことにより決定したものです。
    開園に際しては、移管元の第六保育所と大路幼稚園の保育内容等を継承するため、開園前から、本学園の保育教諭が移管元の第六保育所と大路幼稚園で「移行保育」を実施します。
    また、草津市と本学園との間で「公私連携協定」を締結し、設置準備および運営を担うことになります。


理事長あいさつ

京都橘学園の創立者は中森孟夫先生です。中森先生の教育への思いは生涯一貫していました。学ぶ意欲にあふれる若者に学ぶ場を提供しよう、そして、世の中でしっかりと生きていける知識と技を教えよう、という思いです。自分たちの手でつくり運営する私立学校なら、信じる理想を高く掲げ実践できる。中森先生が私学教育にかけたこの熱い思いは、その後115年間、京都橘学園に脈々と受け継がれています。
この度、京都橘学園は草津市にたちばな大路こども園(仮称)を開設することとなりました。こどもたちが友だちや先生との出会いの中で心身共に大きく成長する場になることを心より楽しみにしています。「ひとの翼は歌と物語で織られる」(モトレ・グルビアン)と言います。たちばな大路こども園がこどもたちに心の糧となる確かな歌と物語を与え、一人一人の翼を美しく織り上げる場所となることを願っています。

学校法人 京都橘学園

理事長 梅本 裕

園長あいさつ

「 生きる力 」

優しい風、みどりの丘、四季を通じてこどもたちの感性は自然の中で育ち、心と体が豊かになっていきます。
園内の菜園で育つ野菜や草花は、こどもたちが自らがスコップで土を耕し、種を蒔き、草をぬきます。その土の中でしっかり根を張ってたくさんの恵みを受けて実りのときを迎えます。こどもの成長も同じです。こども時代はしっかり心の根を育てるときです。
この度、京都橘学園が草津市に「たちばな大路こども園(仮称)」を開設いたします。
こどもたちがいろいろな「もの」「こと」「ひと」に出会い、心も体もしなやかにたくましく成長する「こども園」です。
こどもがつまずいて先に進めず困っているとき、こどもの考えが進むための「足場」をかけてあげる。
踏み出すのはこども自身です。決めるのはこども自身です。
友だち、仲間、先生と、心ゆくまで遊び学び、目を輝かせて生き生きと生活し、未来に向かっていく子どもたち!!
自ら『生きる力』を培う 「心根(こころね)」を大切に育てていきたいです。

たちばな大路こども園(仮称)

園長 奥羽 恵子

教育・保育

教育・保育理念

自立・共生

園児一人ひとりが本園での生活を通して、心身ともに健やかに「自立」すること。また、仲間と豊かにかかわり、「共生」することで、生涯にわたって必要とされる、生きる力の基礎を培います。

教育・保育目標

心身ともに健やかな子ども

  • 元気な子ども
  • 自分で考え行動する子ども
  • 思いやりのある子ども
  • 素直に表現する子ども

教育・保育の特色

自然、あそび、仲間を大切にした教育・保育

  • 自然
    園舎は草津市「みどりの丘」をコンセプトに設計されています。園庭から敷設した天然芝を駆け上がると屋上菜園が広がります。季節の野菜や草花を育て、自然と触れ合う機会を大切にしていきます。日々の生活から季節を十分に感じ、感性豊かな子どもを育てていきます。
  • あそび
    毎日の生活が好奇心に満ちあふれ、自らが体験し、実感できるような教育・保育を展開します。子ども自身の自発的なあそびを十分に保障し、様々なことに主体的に関わり、生き生きと生活できる環境づくりを行います。
  • 仲間
    認定こども園には、0歳から就学前の子どもたちが集います。ともに遊び生活する中で、考え、悩み、ケンカし、そして喜び合うなど様々な体験を通し、共に分かち合う、やさしい心が育まれます。一人ひとりのありのままの姿を受け止め、安定した信頼関係のもと、共に育ち合う教育・保育をめざします。

こども園の行事予定

こども園の一年

こども園の1日

こども園の一日

子育て支援

地域向けの子育て支援

育児相談・一時預かり保育

たちばな大路こども園(仮称)では、育児相談や一時預かり保育、園庭開放や各種講座を実施する予定です。詳細は決定次第、ご案内します。

たちばなのつどい

準備中

施設紹介

「みどりの丘」をデザインコンセプトとし、園庭を中心に天然芝を敷設します。さらに、園庭を囲む植栽や屋上菜園も設置し、園全体がみどりに包まれ、たくさんの自然を感じることができます。また、1階園庭から2階屋上広場までをスロープでつなぎ、子どもたちがみどりの丘を走り回れる工夫が凝らされています。
園舎は、1階に0~2歳児の保育室を配置しています。イベントや行事に対応可能な広い遊戯室があり、地域の子育て支援の拠点となる「子育て支援室(仮称)」も設置されます。2階は3~5歳の保育室を配置しています。また、子どもたちがが自由にあそび学ぶことができる「こどもコモンズ(仮称)」を設置します。
子どもたちが自然を感じながら、生き生きと生活できる環境が整った園舎をつくります。

  • ▲外観パース:正面
  • ▲左:平面図1階/右:平面図(2階)
  • ▲外観パース:正面

職員採用

たちばな大路こども園(仮称)では、以下の募集や説明会を行っています