学園のあゆみ

1902年(明治35年) 中森孟夫により京都女子手藝学校として京都市上京区に創立
1904年(明治37年) 「女子大学設立予備」の目的をもって高等文学部を開設
1908年(明治41年) 財団法人として文部大臣より認可
1910年(明治43年) 京都高等手藝女学校に改称
1948年(昭和23年) 新制高等学校として認可/校名:京都手芸高等学校
1951年(昭和26年) 私立学校法制定により財団法人を学校法人京都たちばな女子学園に組織変更
1957年(昭和32年) 校名を京都橘女子高等学校に改称
1967年(昭和42年) 京都市東山区(現山科区)に橘女子大学開学
1985年(昭和60年) 伏見区桃山に高等学校を移転
1988年(昭和63年) 大学名を京都橘女子大学に改称
1991年(平成 3年) 文系大学進学コースを設置
1992年(平成 4年) 女性歴史文化研究所開設
外国語教育研究センター開設
1994年(平成 6年) 大学院歴史学専攻設置
1995年(平成 7年) 総合進学(A)コース、特別進学(B)コースに改編
1996年(平成 8年) 大学院文学文化専攻設置
国際教育(C)コース設置
1997年(平成 9年) 文化財学科設置
1999年(平成11年) 大学院歴史学専攻(博士後期課程)設置
2000年(平成12年) 文化政策研究センター開設
特別進学(B)コースの男女共学化
校名を京都橘高等学校に改称
木内正廣が校長に就任
2001年(平成13年) 文化政策学部設置
「清風館」完成

学校5日制に移行
リエゾンオフィス設置
2002年(平成14年) 学園創立100周年、大学開学35周年
2003年(平成15年) 全コース男女共学化
国際教育(C)コース、全員1年留学プログラム実施

山岸永一が理事長に就任
大学院文化政策学研究科(博士前期・後期課程)設置
2004年(平成16年) 第二体育館完成
田端泰子が第9代学長に就任
2005年(平成17年) 学園名を京都橘学園に改称
大学名を京都橘大学に改称
男女共学化
看護学部設置
文化政策学部に現代マネジメント学科設置
看護実践異文化国際研究センター開設
言語教育センター開設
「清優館」「清香館」完成
2006年(平成18年) 看護教育研修センター開設
2007年(平成19年) 文学部に児童教育学科設置
教育保育支援センター開設
認定看護師教育課程(WOC看護分野)開講

梅本裕が理事長に就任
2008年(平成20年) 現代ビジネス学部設置(文化政策学部を名称変更)
現代ビジネス学部に都市環境デザイン学科設置(文化政策学科を改組)
大学院看護学研究科設置
「クラブハウス」「クリスタルカフェ」完成
2009年(平成21年) 教職保育職支援室開設
総合進学(A)・英数特進(B)・国公立特進(S)の3コースに再編
2010年(平成22年) 青木圭介が第10代学長に就任
人間発達学部設置

稲吉陽作が校長に就任
伏見区桃山(高校敷地内)に京都橘中学校開校
第2グラウンド完成
中学校に国公立大学進学中高一貫(V)コース設置
2011年(平成23年) 総合教育センター開設
2012年(平成24年) 学園創立110周年、大学開学45周年
健康科学部設置
健康科学部心理学科に通信教育課程設置
文学部に歴史遺産学科設置(文化財学科を名称変更)
総合学術推進機構開設
「優心館」「中央体育館」完成
2013年(平成25年) 細川涼一が第11代学長に就任
心理臨床センター開設
2014年(平成26年) 三輪欣之が校長に就任
大学院看護学研究科に博士後期課程設置
2015年(平成27年) 現代ビジネス学部に経営学科設置(現代マネジメント学科を改組)
学生コミュニティ施設・研究室棟「響友館」完成
2016年(平成28年) 健康科学部に救急救命学科設置
大学院健康科学研究科設置
理学療法教育研修センター開設

国公立大学進学中高一貫(V)・国公立特進(S)・特別進学(E)・総合進学(A)の4コースに再編
2017年(平成29年) 国際英語学部、発達教育学部設置(人間発達学部を改組)
大学院文学研究科歴史文化専攻設置(2専攻を改組)
大学院現代ビジネス研究科設置(文化政策学研究科博士前期課程を改組)
学園創立115周年・大学開学50周年
2018年(平成30年) 健康科学部に作業療法学科・臨床検査学科設置
新教室棟「啓成館」完成

中学校・高等学校:グリーン 大学:ブルー

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス