日本語日本文学科

日本語日本文学科

京都で学ぶことば、文学、文化。
そこから世界が見えてくる。

日本文化が重層的に蓄積した古都・京都で、日本のことばや文学、文化を深く学ぶ日本語日本文学科。知識の修得だけでなく、社寺を訪れたり、伝統文化に触れたり、京都を舞台にアクティブな学びを取り入れているのが特長の一つです。
また国際的な視点から日本文化を理解する学びが充実。日本文化のすばらしさを世界に発信する学びを通じて、グローバル化する社会でいきる豊かな教養や国際性を養います。また、高度な書道教育で書の本質を身につけられる全国でも数少ない書道コースも設置しています。
キャリア教育と連携した課題解決型学習(PBL※)や学外体験プログラムなど、独自のアクティブ・ラーニングも豊富。学ぶ先に、社会性やコミュニケーション力など実社会で求められる多様な力が育まれ、キャリア形成につながっていきます。
※PBL:Project - Based Learning

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語・書道)
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 日本語教員

↓

将来の進路

  • 中学校(国語)・高校(国語・書道)教員
  • 日本語教員
  • 図書館司書
  • アナウンサー・レポーター
  • 小説家・ライター
  • 出版・メディア関連事業
  • 編集者
  • ディレクター・プロデューサー
  • 書家
  • 書道塾講師
  • 一般企業 など

国際的な視点を取り入れたカリキュラムを展開。
「キャリアに強い」文学部。

京都を舞台に日本文学・歴史・歴史遺産を究めるだけでなく、ここで学んで身につけた力が社会でいかせることを実感し、将来のキャリアへ自信をもって進んでいくために、3つのプロジェクトを実施しています。

プロジェクト1「多読百遍~文学部多読プログラム~」
専門書籍、教養、キャリア関連の課題図書を含め、図書100冊を読破します。ワークシートを使った振り返りや、教員や先輩の指導を受けることで、知識の定着だけでなく、論理的思考力など社会でいかせる力を意識的に鍛えます。
プロジェクト2「文学部キャリアゼミ」
課題解決型学習(PBL)や学外体験プログラムなどを通じて、協調性やコミュニケーション能力を養い、社会人としての素養や主体的に学ぶ姿勢を身につけます。さらに「社会人基礎力テスト」により、社会でいかせる力がどの程度身についているのかを把握します。
プロジェクト3「京都プログラム」
日本文化が重層的に蓄積され、世界的にも高い評価を受ける都市、京都。文学部での学びをベースに、京都の文化、観光はもとより、京都の企業・伝統産業とその課題を学び、アクティブな課題解決型学習(PBL)を展開します。

CAMPUS MOVIE

京都橘大学 文学部の
学生生活が、動画でご覧になれます。

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 出願
  • 資料請求
  • オープンキャンパス