臨床検査学科

2018年4月開設

臨床検査学科

検査に関わる知識と技術を磨き、
医療の最前線へ。

2018 年4月、京都府下の私立大学では初めて臨床検査学科が誕生しました。医療・検査機関などでさまざまな検査・分析を担い、診断や治療を支える臨床検査技師の育成をめざしています。
臨床検査技師を求める声はますます高まっており、大学の附属病院や総合病院はもちろん、患者さまの病棟や自宅で検査をしたり、さまざまな企業で製品開発や品質検査の一翼を担うなど、幅広いフィールドに活躍の場が広がっています。
臨床検査学科では、高度に進歩し続ける医療を支える高度な知識と技術を備えるとともに、医療現場で進められている「チーム医療」に貢献できるコミュニケーション能力や高い倫理観を養成します。
さらに上位の専門資格である「細胞検査士」の資格認定試験受験資格を得ることもできます。

取得できる資格

  • 臨床検査技師国家試験受験資格
  • 細胞検査士資格認定試験受験資格〈選択制〉
    (認定申請中)

↓

将来の進路

  • 大学医学部附属病院
  • 国公私立などの総合病院
  • 検査企業
  • 医薬品メーカー
  • 医療機器メーカー
  • 健診センター
  • 行政機関(厚生労働省など)
  • 血液センター
  • 移植関連施設 など

細胞検査士資格認定試験受験資格
(認定申請中)

細胞検査士資格認定試験受験資格(認定申請予定)

臨床検査技師の資格を得たうえで、さらに上位の専門資格である「細胞検査士」になるための認定試験の受験資格を得ることができる「細胞検査士コース」を開講します。細胞検査士は、顕微鏡で細胞検査(細胞診)を行い、複雑な特徴をもつがん細胞を発見するスペシャリストです。臨床検査技師として1年以上細胞診検査の実務経験を積むか、細胞検査士の養成課程を修了しなければ、認定試験を受験することはできません。養成課程をもつ大学は、全国でも数少ない存在です。なお、細胞検査士資格認定試験受験資格の取得には細胞検査士基礎科目(5 科目)と「細胞検査士コース」の科目の履修が必要です。

※認定申請中

確かな実績に裏打ちされた 
充実の国家試験対策

確かな実績に裏打ちされた 充実の国家試験対策確かな実績に裏打ちされた 充実の国家試験対策

京都橘大学には複数の医療系学科があり、充実した国家試験対策で、高い合格実績を残してきました。そのノウハウをいかして、臨床検査技師の国家試験についても充実したサポート体制を構築し、一人ひとりの試験合格を力強く後押しします。

[4年間の学習イメージ]
専門職としてキャリアを積むための基盤を確実に培うプログラムを1 回生から卒業まで準備しています。学科全員の国家試験合格をめざした独自プログラムも実施予定。また上位資格となる細胞検査士資格認定試験対策の講座も開講予定。複数の医療系学科で高い国家試験合格実績を残してきたノウハウを応用し、さらに充実した体制で学生を強力にサポートします。


確かな実績に裏打ちされた 充実の国家試験対策

臨床現場で求められる「チーム医療」を
実践を通じて学ぶ

医師だけでなく、その他の医療の専門職がチームになって患者を治療・ケアする「チーム医療」が主流となっている今、臨床検査技師も、チーム医療を担う一員として医師やその他の医療スタッフと情報を交換し、連携しながらケアを進めることが求められています。そのためには臨床検査の専門知識だけでなく、医療・治療に関わる幅広い知識やコミュニケーション能力が欠かせません。臨床検査学科では、「キャリア開発演習」などチーム医療に必要な能力を養うことのできるカリキュラムを用意しています。また本学には、看護学科や理学療法学科をはじめ医療系学科が複数あり、多様な医療領域について知識を広げることができます。

健康科学部は『心理と医療の総合学部』へ 2018年4月作業療法学科&臨床検査学科 誕生健康科学部は『心理と医療の総合学部』へ 2018年4月作業療法学科&臨床検査学科 誕生

CAMPUS MOVIE

京都橘大学 健康科学部の
学生生活が、動画でご覧になれます。

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 出願
  • 資料請求
  • オープンキャンパス