個人情報保護方針

  1. トップページ
  2. > 個人情報保護方針

個人情報保護方針

学校法人京都橘学園個人情報保護方針

高度情報通信社会の進展に伴い、個人情報の利用が著しく拡大しています。そのため、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することが強く求められています。
学校法人京都橘学園(以下「本学園」という。)は、個人情報は個人の重要な財産であり、その適切な利用と保護は基本的人権を擁護する上で極めて重要であると深く認識いたします。この認識のもと、業務において個人情報を取り扱う場合には、個人情報保護に関する法令及び個人情報保護のために定めた本学園規程を全ての役員及び全ての教職員が遵守し、個人情報を正確かつ安全に取扱うことにより、情報を守り、本学園に対する期待と信頼に応えていきます。

1.個人情報の取得について

本学園は、個人情報を取得しようとする時は、その利用目的を明確に定め、その目的をお知らせし、目的の達成のために必要な限度において適正かつ公正な手段によって行うものとします。

2.個人情報の利用及び第三者提供について

本学園は、個人情報の正確性および安全性を確保するため、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、情報通信技術および管理組織体制の両面から合理的な安全対策を講じて、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、き損及び改ざん等の防止に努めます。

3.個人情報の正確性・安全性について

本学園は、個人情報を取り扱う業務を外部業者などの第三者に委託する場合、受託業者について個人情報の安全管理、秘密保持等、適切な管理を行います。

4.個人情報処理の委託について

本学園は、個人情報について本人から開示の請求があった場合、情報に誤りがあるとして訂正の請求があった場合または情報の不正利用による停止の請求があった場合は、本人であることを確認した上で、適正かつ公正な判断によって開示、訂正または停止等を行います。

5.開示・訂正等の対応について

本学園は、個人情報について本人から開示の請求があった場合、情報に誤りがあるとして訂正の請求があった場合または情報の不正利用による停止の請求があった場合は、本人であることを確認した上で、適正かつ公正な判断によって開示、訂正または停止等を行います。

6.苦情処理について

個人情報の取り扱いに関する苦情や不服申し立てについては、必要な窓口を設置し、個人情報保護委員会等で適切に処理します。

7.教育啓発について

本学の学生・生徒・教職員及び本学関係者に対し、個人情報保護についての教育啓発活動を行うとともに、個人情報を取り扱う部門ごとに管理者を置き、個人情報の適切な管理に努め、また継続的に改善を行っていきます。

2008年4月1日
学校法人 京都橘学園
理事長 梅本 裕

このページの先頭へ
.