歴史遺産学科

歴史遺産学科

歴史遺産を次代へ伝える知識と技術を身につけ、
社会で必要な分析力や発信力を養う。

日本や世界の有形文化遺産を研究対象として、今日まで受け継がれてきた意義や歴史的背景を理解し、正しく後世に伝えるための知識や保存方法を学ぶ歴史遺産学科は、「歴史遺産コース」「考古学コース」「美術工芸史コース」の3コースに分かれて、歴史遺産を探究していきます。
京都という、貴重な史料や美術工芸品を多く有する最適なロケーションをいかして、積極的に博物館や寺院、遺跡などでの実習やフィールドワークを展開。歴史遺産を研究するうえで重要な「本物」に触れることができます。こうした実践的な学びを通して、歴史遺産を次の世代へ伝え、活用していくための知識と技術を身につけていきます。また研究活動を通して、企業や自治体、教育機関など幅広い分野で活躍するために必要な分析力や発信力などの社会人基礎力が養われます。

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • 2級考古調査士
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 社会教育主事
  • 日本語教員

取得をめざす資格

  • DTPエキスパート認証試験 など

↓

将来の進路

  • 中学校(社会)・高校(地理歴史)教員
  • 公務員
  • 観光・旅行関連業界
  • 情報・メディア産業
  • 流通・運送業界
  • 一般企業
  • 博物館・美術館学芸員
  • 発掘調査専門職員
  • 文化財専門職員 など

遺跡を取り巻く環境について学ぶ
課題解決型学習(PBL)を実施

世界遺産はこれまで、遺跡や建造物そのものの登録が一般的でしたが、近年は遺跡を取り巻く社会的な取り組みも一体として「遺産」とみなす傾向にあります。その社会的な変化にともない、「遺産情報演習」を開講してPBLを実施。世界文化遺産に認定されている醍醐寺で聞き取り調査を行い、遺産と地域の関係性や継承方法について分析しました。

京都を中心に奈良、大阪、兵庫などで
多彩なフィールドワークを実施

長い歴史を有する京都に位置し、奈良や大阪、兵庫といった歴史と関わりの深い都市にもほど近い立地をいかして、さまざまなフィールドワークや実習を行っています。本物に触れることでしか得られない学びを実践。
書寫山・圓教寺(兵庫県姫路市)での実習では、圓教寺の建築や仏像を目の前にし、その表現技法を調査しました。こうして実際の歴史遺産と接することで、長い歴史や篤い信仰を肌で感じることができ、学びを深めることができます。

CAMPUS MOVIE

京都橘大学 文学部の
学生生活が、動画でご覧になれます。

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス