大学紹介
  1. トップページ
  2. > 大学紹介
  3. > 教学理念・ビジョン
  4. > タグライン「育ちあう、響きあう」

タグライン「育ちあう、響きあう」

育ちあう、響きあう

タグラインをわかりやすい言葉で言い換えると、キャッチコピーです。

京都橘大学とはどんな大学なのか、どのような学生が学んでいるのかといった学風について、学内外の人たちがすぐに思い浮かべられるようにとの目的で、学校法人京都橘学園として2009年4月に制定しました。

私たちは、この学風をいつまでも大切に守っていきたいと強く願い、努力を続けています。

タグラインが表現する学風〈タグライン・コンセプト〉

私たち京都橘のキャンパスでは、一つひとつのできごとを学生生徒と教職員が常に共有し、互いに影響を与えあっています。

そして、教職員は学生生徒のどんな小さな可能性も見逃さず、育んでいます。

そこで生まれる学びの成果は、個人のものにとどまらず、学生生徒と教職員すべての確信や励みとなり、次の探究の糧となります。

絶えることのない対話のなかで、日々の学び、夢、そして希望がいつも響きあう。京都橘のキャンパスでは、一人ひとりの学生生徒が輝き、それぞれの未来を探求しているのです。

育ちあう、響きあう 京都橘大学

タグラインは、校名のロゴタイプの上に明朝体で配置し、「京都橘」と「育ちあう、響きあう」の左右の幅を同じにすることで、安定感のある印象深い仕上がりとなっています。

.
このページの先頭へ
.