健康科学専攻 修士課程 3つのポリシー

教育研究上の理念・目的(学則)

健康科学研究科健康科学専攻(修士課程)は、こころとからだに多角的な視点から科学的にアプローチし、現代社会に生きる人々の心身の健康の向上と新しい生き方の創出に資することのできる、卓越した専門性と実践能力を有する人材を養成することを目的とする。

アドミッションポリシー(入学者の受け入れ方針)

健康科学研究科健康科学専攻(修士課程)は、教学理念および教育研究上の目的に則り、人間のこころとからだに多角的な視点から科学的にアプローチして、統合的に健康科学を追究し、心身の健康の向上と新しい生き方の創出に資することのできる高度専門職業人を養成することをめざしている。この目標を達成するために、入学者に次の3点を求める。

  • ①心理学分野または理学療法学分野において、学士課程レベルの基礎的な知識や技術を有する者。
  • ②健康科学に関心を持ち、高度専門職業人として、その実践と発展に貢献する意欲のある者。
  • ③論理的思考と柔軟な発想、グローバルな視野をもって探究する意思のある者。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

健康科学研究科健康科学専攻(修士課程)は、人間のこころとからだに多角的な視点から科学的にアプローチして、統合的に健康科学を追究し、心身の健康の向上と新しい生き方の創出に資することのできる高度専門職業人を養成することをめざしている。そのために健康科学専攻(修士課程)では、この教育目標に基づき、次のような知識と能力を身につけ、修了に必要な単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で修士論文の審査および最終試験に合格した者に修士(健康科学)の学位を授与する。

  • ①心身の構造と機能、およびその不調や障害のメカニズムに関する健康科学の専門的知識・理論
  • ②心身の疾患や障害の予防、回復への援助、社会復帰への援助について、健康科学の専門的な見地から支援・指導・提案ができる実践力
  • ③心身の健康の向上と新しい生き方の創出に資するための研究能力

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

学位授与に必要とされる能力(ディプロマポリシー)を修得するために、健康科学研究科健康科学専攻(修士課程)では、コースワークとリサーチワークを適切に組み合わせた、次のような体系を持つ教育課程を編成する。

  • ①人間の健康を科学的にとらえ、その向上と新しい生き方を創出するという理念を体現するため、必修の共通基礎科目として「健康科学特論Ⅰ」を配置する。
  • ②こころとからだに多角的な視点から科学的にアプローチできるように、共通基礎科目として、専門領域の基盤となる知識を幅広く学ぶ科目群を配置する。
  • ③修士課程レベルの高い専門性を身につけるため、専門領域の科目群を3つに区分し、理学療法学領域、心理学領域、臨床心理士特修領域を配置する。
  • ④理学療法学領域は、生活機能障害系理学療法、運動器障害系理学療法、脳機能障害系理学療法の3つの分野において、基礎的な研究力を養うとともに、高度な専門知識や技能を学ぶ科目群を配置する。
  • ⑤心理学領域は、主に教育・発達心理学、社会・産業心理学、行動神経科学に関する基礎的な研究力を養うとともに、高度な専門知識や実践力を身につける科目群を配置する。
  • ⑥臨床心理士特修領域は、臨床心理学の専門家として職務を遂行するために必要な理論と実践に関する科目群を配置する。
  • ⑦自立して研究のできる基礎的能力を身につけるため、専門領域に対応した「理学療法学コース」「臨床心理学コース」「心理学コース」を設定し、系統的な科目履修を促すとともに、「健康科学特別研究Ⅰ・Ⅱ」において修士論文作成の指導を行う。

健康科学専攻 (修士課程)

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願