歴史文化専攻 博士後期課程 3つのポリシー

教育研究上の目的(学則)

文学研究科歴史文化専攻は、歴史文化の分野において、豊かな専門的学識と高度な研究能力を備えた研究者および高度専門職業人を養成することを目的とする。

アドミッションポリシー(入学者の受け入れ方針)

文学研究科歴史文化専攻(博士後期課程)は、教学理念および教育研究上の目的に則り、歴史文化の分野において、高度な研究能力を備えた教育研究者や、豊かな専門的学識と学際的な視野を持って社会に貢献できる人材を養成することをめざしている。
この教育目標を達成するために、次のような能力や態度・資質を備えた入学者を求める。

  • ①人間の歴史や文化に強い関心をもち、それらに関わる幅広い教養と専門的な知識を有する者。
  • ②大学院における教育・研究を通して、歴史文化の各分野に関わる専門領域の研究能力を身につけ、将来、教育研究者や高度専門職業人として社会に貢献しようとする意欲のある者。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

文学研究科歴史文化専攻は、教学理念および教育研究上の目的に則り、人間の文化に対する深い理解のもとに、歴史文化の分野において、高度な研究能力を備えた教育研究者や、豊かな専門的学識と学際的な視野を持って社会に貢献できる人材を養成することをめざしている。そのために歴史文化専攻では、この教育目標に基づき、次のような能力を身につけ、修了に必要な単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上で博士論文の審査および最終試験に合格した者に博士(文学)の学位を授与する。

  • ①歴史文化を研究する上での史資料について、自らの力で探索・収集し、論文の目的に必要な事項の精査を行うなど、調査・分析する環境を自ら整える技術を身につけている。
  • ②歴史文化についての高度な批評能力と研究能力を備え、専門分野の学界活動にも積極的に関与・貢献し、その実績を有するとともに、その過程において学問の範囲や専攻の枠にとらわれず、学際的な視野で研究を行い、研究者として専門分野の学問的活動に寄与できるような能力を身につけている。
  • ③高度な専門学識と学問の範囲にとらわれない関連分野における幅広く深い知識、および専攻分野における自立した研究能力を発揮することで、現代社会の諸課題に対応し、社会貢献できる意欲と能力を身につけている。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

学位授与に必要とされる能力(ディプロマポリシー)を修得するために、文学研究科歴史文化専攻(博士後期課程)では、以下の方針で教育課程を編成する。

  • ①「日本史分野」「東洋史分野」「西洋史分野」および「特別研究」で構成する。
  • ②政治史・社会経済史と文化の相関を視野に入れた教育・研究を行うため日本史を中心にしつつ、古代から近代までの「社会文化論特殊演習」を配置する。
  • ③より高度な歴史学研究ができるように、「歴史資料学特殊演習<文献史料、考古資料、美術工芸資料>」を配置する。
  • ④比較史的な視野を獲得するため、アジアおよびヨーロッパの「社会文化論特殊演習」を配置する。
  • ⑤日本・アジア・ヨーロッパにわたる女性史研究を行う力を養成するため、研究方法の修得に力点を置いた「女性史特殊演習」を配置する。
  • ⑥「特別研究」は、1年次より段階的に配置し、研究テーマの確定から課題の明確化、データ集積、比較・分析、論文執筆など大学院生一人ひとりの研究テーマに沿って博士論文作成の指導を行う。

歴史文化専攻 (博士前期課程)

歴史文化専攻 (博士後期課程)

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス