救急救命学科
3つのポリシー

教育研究上の目的(学則)

健康科学部は、心理、医療の各分野の専門的知識や技術を習得し、幅広い教養と豊かな人間性を身につけ、新たな課題に対応できる問題解決能力を備えた人材を養成する。
救急救命学科は、救急救命の専門知識および実践力を身につけ、医療と地域社会の課題解決に貢献できる質の高い救急救命士を育成することを目的とする。

アドミッションポリシー(入学者の受け入れ方針)

救急救命学科は、教学理念および学部・学科の教育研究上の目的に則り、幅広い教養と救急救命の専門的な知見と技術の修得を通じ、医療と地域社会が抱える課題について、豊かな知識と人間性を基礎に、柔軟かつ責任を持って対応することのできる人材を養成することをめざしている。この教育目標を達成するために高等学校等の学習と生活のなかで、次のような能力や態度・資質を備えた入学者を求めている。

  • ①人のいのちを守り、社会に貢献したいという強い信念を持ち続けることのできる者。
  • ②将来、救急救命士の資格を取得し、消防機関や行政・警察等の公務員、病院等の地域医療機関などで活躍したいと希望する者。
  • ③救急救命士として必要な知識と技術を学ぶ上で必要となる、言葉や表現、社会に関する基礎的学力を有する者。

ディプロマポリシー(学位授与方針)

救急救命学科は、教学理念および学部・学科の教育研究上の目的に則り、幅広い教養と救急救命の専門的な知見と技術の修得を通じ、医療と地域社会が抱える課題について、豊かな知識と人間性を基礎に、柔軟かつ責任を持って対応することのできる人材を育成することをめざしている。そのために救急救命学科では、この教育目標に基づき、次のような能力を身につけ、所定の単位を修得した者に学士(救急救命学)の学位を授与する。

  • ①救急救命を中心とした医学に関する基礎的な知識と考え方を身につけている。
  • ②救急救命士として必要とされる総合的な観察力、処理能力を身につけている。
  • ③救急救命士として必要な論理的思考力、コミュニケーション力、リーダーシップを身につけている。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

救急救命学科では、幅広い教養と救急救命の専門的な知見と技術の修得を通じ、医療と地域社会が抱える課題について、豊かな知識と人間性を基礎に、柔軟かつ責任を持って対応することのできる人材を育成することを教育目標とする。この目標を達成するため、救急救命学科では以下の方針(カリキュラムポリシー)で教育課程を編成する。

  • ①病院前救護を担う救急救命士に求められる能力を養成するために、知識と技術を修得する科目を各年次にバランスよく配置するとともに、将来の進路を展望した科目群を配置する。
  • ②学科の学修を円滑に進め、社会人としての基礎的な素養を身につけるため、基礎分野とキャリア教育科目群を配置する。また、健康科学部の理念を実現するとともに、科学的な見地から心理的側面にアプローチできる救急救命士を育成するため、「医療と心理」領域を配置する。
  • ③基礎医学や公衆衛生の知識を身につけるため、専門分野に基礎医学領域を置く。
  • ④救急救命に関する基礎的な理論と技術を学ぶ目的で、専門分野に救急医学領域を置き、内科・外科系科目を段階的に配置する。
  • ⑤身につけた救急医学の知識をより具体的な問題と関連づけ、幅広い視野で救急救命について考えられるよう、専門分野に学生本人の関心で選択できる専門関連科目を配置する。
  • ⑥救急救命士として不可欠な論理的思考力とコミュニケーション力およびリーダーシップを身につけ、救急救命士としての技術と実践力を養うために、各年次に学内実習を配置する。また、病院や消防機関での臨地実習を配置し、医療現場での実践力を修得する。
  • ⑦幅広い視野を持った救急救命士になるためのさまざまな活動を体験する実習を配置する。
  • ⑧専門分野に演習科目を置き、主体性や論理的思考力、救急救命士として必要な素養を身につける。
2017年3月卒業生 教員等採用試験 圧倒的な現役合格率! 公立小学校61.2% 効率幼稚園・保育士75.0%
国家試験等合格状況
Wel TB 京都橘大学広報誌
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
たちばな大路こども園
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願