NEWS

「JR京都駅ビル大階段駈け上がり大会」に「熊野再発見プロジェクト」が参加

 2月20日(土)に開催された「第19回JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会」に本学教職員と学生が、和歌山県那智勝浦町の観光PRを目的に参加しました。
 これは、現代ビジネス学部都市環境デザイン学科・木下達文教授と学生が同地域と連携して進めている「京都橘大学・熊野再発見プロジェクト」の活動の一環で、当日は那智勝浦町観光協会と本学学生の計4人の混合チームが平安時代の熊野詣を再現する衣装で大会(パフォーマンス部門)に参加しました。また、本学学生16人と教職員が平安衣装を身につけ同観光協会職員とともに、京都駅構内でビラや名物の黒飴を配布し、同地域の観光PRを行いました。
 今後も、那智勝浦町と連携を続け、同地域の観光・地域振興に協力する予定です。

※「京都橘大学・熊野再発見プロジェクト」について
このプロジェクトは、世界遺産を含む多くの観光資源を有しながらも、観光客増加や2011年の台風被害からの復興などの課題を抱える当該地域の観光・地域振興に協力することを目的に、那智勝浦町観光協会と連携し、2014年度から取り組んでいます。2016年2月に、地域連携の経緯や、これまでの活動について記載した特設ホームページも作成しています。
URL:http://tachibana-u.wix.com/kumano-pj


20160226_news4.jpg
20160226_news2.jpg
.
20160226_news1.jpg
20160226_news3.jpg
.

2016年度NEWS一覧へ

2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026