公正研究・研究倫理に関する取り組み

公正研究の取り組み

京都橘大学では、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日文部科学大臣決定、2014年2月18日改正)、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(2014年8月26日文部科学大臣決定)等に基づき、本学における公的研究費の適正な運営・管理のあり方や研究活動の公正な実施に関し検討を行い、下記の諸規程を定め、取り組みを進めております。
また、上記ガイドラインに基づき、「研究活動に係る不正行為の防止および対応等推進委員会」では、公正な研究活動の推進のため、実効ある具体的な取り組みとして「京都橘大学における研究不正防止計画」を制定しています。
さらに、本学の学問研究が適正に行われ、社会の信頼に応えられるよう、本学の研究者および事務職員等が不断に自覚し遵守する規範として、「京都橘大学研究活動における倫理指針」も制定しています。

研究倫理に関する取り組み

京都橘大学では、学術研究に関わるすべての研究者等に対し、常に良心に従って研究活動を遂行できるよう、研究倫理等に関する以下の倫理指針、規程を制定し、研究倫理研修会を開催するなど、研究活動に関する倫理意識の向上に取り組んでいます。

  • 1.研究倫理に係る指針の制定
    本学の学問研究が適正に行われ、社会の信頼に応えられるよう、本学の研究者および事務職員等が不断に自覚し遵守する規範として京都橘大学研究活動における倫理指針を定めています。
    京都橘大学研究活動における倫理指針[166KB]
  • 2.研究倫理委員会
    本学の教員および大学院生が本学の内外で行う人を対象とする研究で、なおかつ公表を前提として実施される研究を審査するため研究倫理委員会を設置しています。
    京都橘大学研究倫理委員会規程[12KB]
  • 3.研究倫理教育委員会
    本学における研究倫理に関する知識を定着・更新させるため、学内に研究倫理教育委員会を置き、その実質的な責任と権限をもつ者として、研究倫理教育責任者を任命しています。また、教職員を対象に対し、研究倫理に関する研修の受講を義務付けています。
  • 4.利益相反マネジメントの実施
    本学では、本学教職員等が公正かつ効率的に業務に専念でき、企業等との連携が円滑に推進できる環境を整備することを目的として、利益相反マネジメントを実施しています。
    京都橘大学利益相反マネジメントポリシー[510KB]
    京都橘大学利益相反委員会規程[189KB]
  • 5.お問い合わせ
    研究倫理に関する取り組みについてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
    京都橘大学 研究倫理委員会事務局(学術振興課)
     〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34
     TEL.075-574-4186(直通) E-mail tec@tachiibana-u.ac.jp

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願