NEWS

「ポリス&カレッジ in KYOTO 2018」で都市環境デザイン学科の小暮ゼミが最優秀賞を受賞

181124p.jpg

 11月24日(土)、ルビノ京都堀川(京都市上京区)で「ポリス&カレッジ in KYOTO 2018」(京都府警・京都府トラック協会主催)が開催され、現代ビジネス学部都市環境デザイン学科の小暮宣雄教授のゼミ生が最優秀賞を受賞しました。
 この企画は、ここ数年交通事故の件数が減少傾向にあるにも関わらず、高齢運転者による事故件数の割合が減っていないことなどから、交通事故防止対策のアイデア創出として大学生の知恵を取り入れることを目的に行われました。この企画に、京都府内の7大学から8つのゼミが参加し、ゼミ対抗のコンペ形式で行われました。本学からは、小暮ゼミ含め2つのゼミが出場しました。
 小暮ゼミは「『お試し』からの運転卒業イベント~ネガティブな心を前向きに~」というタイトルで発表。運転免許証の自主返納に着目し、高齢者が自主返納しやすくするためのプロジェクトとして、車のない生活をお試しで体験し運転免許返納後の不安を取り除く「お試し期間」制度と「運転卒業式」企画の提案を行い、見事最優秀賞を受賞しました。

2018年度NEWS一覧へ

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA