大学紹介
  1. トップページ
  2. > 大学紹介
  3. > 点検・評価
  4. > 授業アンケート

授業アンケート

今日の大学では、学生の学力や学習習慣、学習動機などが多様化してきており、個々の教員がどのように対処していくかが重要な課題となっています。また、大学全体としてFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動をどのように組織化するか、教育力をどのように高めていくかが、重要な課題となっています。
京都橘大学では学生の学習意識や理解度を測るツールとして、毎学期末に授業アンケートを実施しています。本学独自の授業改善と教育力の向上を目的に、アンケート項目については毎年検討し、不必要な項目の削除、必要な項目の導入を適宜行っています。在学生の意識を的確に分析し、効果的な授業改善ができるよう努めています。
2013年度からアンケート質問項目を大きく変更しました。授業ごとに教育目標を設定し、その教育目標に対する学生の到達度を測るようにしました。
アンケート集計後は科目別の集計シートと学生による自由記述部分を担当者へフィードバックし、学生へのコメントを依頼します。
また、通常の授業アンケートとは別に、授業開始3回目くらいまでに授業運営の基本部分を確認することが重要と考え、授業方法面の改善や理解度などの把握に即効性のあるアンケートも実施しています。
結果の公開については閲覧を容易にすることと、履修参考資料としての価値を高めるため、アンケート結果のWeb公開(学内専用)を行っています。
このほかにも、授業改善を推進する仕組みとして、学部単位での教員間の公開授業参観や検討会なども実施しています。

このページの先頭へ
.