健康科学専攻 修士課程 カリキュラム

カリキュラムカリキュラムは2016年度

科目区分 授業科目 単位数 授業形態
必修 選択
共通基礎科目 健康科学特論Ⅰ 2   講義
健康科学特論Ⅱ   2 講義
研究倫理学特論 2   講義
健康科学研究法特論Ⅰ   2 講義
健康科学研究法特論Ⅱ   2 講義
(演習含む)
脳科学特論   2 講義
健康心理学特論   2 講義
精神医学特論   2 講義
精神薬理学特論   2 講義
生活支援学特論   2 講義
運動機能制御学特論   2 講義
発達障害特論   2 講義
理学療法学領域 a群 生活機能障害理学療法学特論Ⅰ   2 講義
(演習含む)
生活機能障害理学療法学特論Ⅱ   2 講義
(演習含む)
b群 運動器障害理学療法学特論Ⅰ   2 講義
(演習含む)
運動器障害理学療法学特論Ⅱ   2 講義
(演習含む)
c群 脳機能障害理学療法学特論Ⅰ   2 講義
(演習含む)
脳機能障害理学療法学特論Ⅱ   2 講義
(演習含む)
心理学領域 a群 パーソナリティ心理学特論   2 講義
発達心理学特論   2 講義
認知心理学特論   2 講義
学習・行動分析学特論   2 講義
b群 組織心理学特論   2 講義
社会心理学特論   2 講義
応用社会心理学特論   2 講義
臨床心理士特修領域 a群 臨床心理学特論   4 講義
臨床心理学面接特論   4 講義
臨床心理査定演習   4 演習
臨床心理基礎実習   2 実習
臨床心理実習   2 実習
b群 ロールシャッハ事例研究   2 講義
分析心理学特論   2 講義
思春期臨床心理学特論   2 講義
グループアプローチ特論   2 講義
研究演習 健康科学特別研究Ⅰ 2   演習
健康科学特別研究Ⅱ 6   演習

修了要件

3つのコースを設定し、それぞれコースごとに、以下のとおりとします。

  1. 理学療法学コースは、共通基礎科目から必修4単位、選択必修を「健康科学特論II」「健康科学研究法特論I」を含む14単位以上(ただし、心理学領域で4単位まで代替可能とする)、理学療法学領域のa~c群いずれか1つの群から4単位、研究演習8単位、合計30単位以上を修得し、修士論文の審査および最終試験(公開研究発表および討論)に合格すること。
  2. 臨床心理学コースは、共通基礎科目から必修4単位、選択必修4単位以上、心理学領域a・b群から各2単位以上、臨床心理士特修領域のa群から16単位、b群から2単位以上、研究演習8単位、合計38単位以上を修得し、修士論文の審査および最終試験(公開研究発表および討論)に合格すること。
  3. 心理学コースは、共通基礎科目から必修4単位、選択必修を「健康科学特論Ⅱ」を含む10単位以上、心理学領域から8単位以上、研究演習8単位、合計30単位以上を修得し、修士論文の審査および最終試験(公開研究発表および討論)に合格すること。

健康科学専攻 (修士課程)

2017年3月卒業生 教員等採用試験 圧倒的な現役合格率! 公立小学校61.2% 効率幼稚園・保育士75.0%
国家試験等合格状況
Wel TB 京都橘大学広報誌
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
たちばな大路こども園
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願