大学院入学希望の方

文学研究科

文学研究科

  • 文学研究科
    博士前期課程
  • 文学研究科
    博士後期課程
  • 文学研究科
    研究生 募集要項

2020年度の出願期間は終了しました

研究科・専攻および入学定員<標準修業年限2年>

研究科 専攻(課程) 基本研究分野等 入学
定員
文学研究科 歴史文化専攻
(博士前期課程)
日本歴史文化分野(日本史/日本文学/日本語学/書道)
外国歴史文化分野(東洋史/西洋史)
歴史遺産分野
6名

出願資格

  • 次の各号のいずれかに該当する者。
    1. 大学を卒業した者、および2020年3月までに卒業見込みの者。
    2. 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構(旧大学評価・学位授与機構)により学士の学位を授与された者、および2020年3月までに学位取得見込みの者。
    3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者、および2020年3月までに修了見込みの者。
    4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者、および2020年3月までに修了見込みの者。
    5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者、および2020年3月修了見込みの者。
    6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者、および2020年3月までに修了見込みの者。
    7. 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)。
    8. 短期大学(専攻科を含む)・専修学校・高等専門学校・各種学校を卒業(修了)した者や外国の学校出身者で16年に満たない課程を卒業(修了)した者等で、本大学院が個別の出願資格審査により大学を卒業した者と同等以上の学力があると認め、入学時に満22歳に達する者。
    • 大学等を卒業見込みでも受験できますが、卒業等ができなかった場合は、合格を取り消すことがあります。
    • 出願資格(8)により出願をしようとする者については、出願前に個別の出願資格審査を行い、出願資格認定の可否を決定します。なお、出願資格審査にかかる申請料は必要ありません。
  • 社会人入学試験においては、前記(1)~(8)のいずれかの出願資格を満たした後、2020年3月31日までに1年以上の社会生活を送った者(ただし、2020年3月31日までの1年以内に高等教育機関に在学する者は除く)。
  • 外国人留学生入学試験においては、前記(1)~(8)のいずれかに該当し、かつ大学院の講義を理解できる日本語能力を保持している者であること。

日程

【第Ⅰ期】

出願期間

2019年9月2日(月)~9月9日(月)

  • 郵送の場合、出願期間は締切日必着です。
  • すべての募集における入学時期は、2020年4月です。
試験日

10月13日(日)

合格発表日

10月18日(金)

【第Ⅱ期】

出願期間

2020年1月6日(月)~1月14日(火)

  • 郵送の場合、出願期間は締切日必着です。
  • すべての募集における入学時期は、2020年4月です。
試験日

2月16日(日)

合格発表日

2月20日(木)

選考方法

一般入学試験

  1. 歴史文化専攻〈日本歴史文化分野(書道)志望者を除く全員〉
    書類審査および外国語(記述)、専門科目(記述・論述)、口述試験により総合判定します。
  2. 歴史文化専攻〈日本歴史文化分野(書道)志望者〉
    書類審査および外国語・書論・書道史(記述・論述)、書道実技、口述試験により総合判定します。

社会人入学試験

  1. 歴史文化専攻〈日本歴史文化分野(書道)志望者を除く全員〉
    書類審査および専門科目(記述・論述)、口述試験により総合判定します。
  2. 歴史文化専攻〈日本歴史文化分野(書道)志望者〉
    書類審査および小論文試験、書道実技、口述試験により総合判定します。

外国人留学生入学試験

  1. 歴史文化専攻〈日本歴史文化分野(書道)志望者を除く全員〉
    書類審査および小論文試験、口述試験により総合判定します。
  2. 歴史文化専攻〈日本歴史文化分野(書道)志望者〉
    書類審査および書道実技、口述試験により総合判定します。
  • 外国語
    英語または中国語より1つの外国語を選択。辞書持ち込み可(電子辞書も可)。 なお、出題数は、専攻共通問題1題・基本研究分野等別問題1題の大問2題です。
  • 外国語・書論・書道史
    英語または中国語より1つの外国語を選択。辞書持ち込み可(電子辞書も可)。なお、大問2題のうち1題は外国語、もう1題は書論・書道史を解答します。ただし、書論・書道史に関する辞書・辞典の持ち込みは不可。
  • 専門科目
    志望する基本研究分野に関する記述・論述試験。
  • 書道実技
    臨書(漢字2点・かな1点)および創作(漢字・かな各1点)の計5題を出題。
  • 小論文試験(歴史文化専攻〈日本歴史文化分野(書道)志望者〉:社会人)
    書論・書道史に関する1つまたは複数の論題から1つに解答。
  • 小論文試験(外国人留学生)
    1つまたは複数の論題から1つに解答。使用できる言語は、日本語に限ります。
  • 口述試験
    志望する基本研究分野等を中心にした口頭試問(約30分)。

個別の出願資格審査について

出願資格(8)により出願をしようとする者については、出願前に個別の出願資格審査を行い、出願資格認定の可否を決定します。出願資格審査にかかる申請料は必要ありません。

申請期間

第1回目

2019年7月9日(火)~7月16日(火)必着

第2回目

2019年11月26日(火)~12月3日(火)必着

提出書類

  1. 出願資格審査願〈本学所定用紙〉
  2. 履歴書〈書式自由〉
    学歴および職歴について、必ず記載されていること。
  3. 最終出身学校の卒業(修了)証明書・成績証明書
    出身学校の発行した原本で厳封されたもの。卒業(修了)見込みの場合、卒業(修了)見込み証明書および申請時点での成績証明書を提出すること。中途退学の場合は、退学証明書および退学時点の成績証明書を提出すること。
  4. 研究歴・研究成果報告書〈書式自由:A4サイズ:該当者のみ〉
    これまでに論文等を執筆している場合は、コピーを必ず添付し、そのタイトルを出願資格審査願に記入すること(3点以内)。
  • 添付書類が日本語以外の言語で記載されている場合は、日本語の翻訳を添付すること(翻訳文の下に翻訳者の職業<役職>・氏名を記入の上、捺印または署名すること)。

審査発表

第1回目結果

2019年7月25日(木)に郵送にて通知します。

第2回目結果

2019年12月12日(木)に郵送にて通知します。

2020年度の出願期間は終了しました

研究科・専攻および入学定員<標準修業年限3年>

研究科 専攻(課程) 分野 入学定員
文学研究科 歴史文化専攻
(博士後期課程)
日本史分野
東洋史分野
西洋史分野
2名

出願資格

  • 次の各号のいずれかに該当する者。
    1. 修士の学位または専門職学位を有する者、および2020年3月までに取得見込みの者。
    2. 外国において、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者、および2020年3月までに取得見込みの者。
    3. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者、および2020年3月までに取得見込みの者。
    4. 我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者、および2020年3月までに取得見込みの者。
    5. 国際連合大学本部に関する国際連合と日本国との間の協定の実施に伴う特別措置法に基づき設立された国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者、および2020年3月までに取得見込みの者。
    6. 文部科学大臣の指定した者(平成元年文部省告示第118号)。
    7. 本大学院において、個別の出願資格審査により、修士の学位または専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、入学時に満24歳に達する者。
    • 修士の学位等を取得見込みでも受験できますが、取得等ができなかった場合は、合格を取り消すことがあります。
    • 出願資格(6)(7)により出願をしようとする者については、出願前に個別の出願資格審査を行い、出願資格認定の可否を決定します。なお、出願資格審査にかかる申請料は必要ありません。
  • 外国人留学生入学試験については、前記(1)~(7)のいずれかに該当し、かつ大学院の講義を理解できる日本語能力を保持している者であること。

日程

出願期間

2020年1月6日(月)~1月14日(火)

  • 郵送の場合、出願期間は締切日必着です。
  • すべての募集における入学時期は、2020年4月です。
試験日

2月20日(木)

合格発表日

2月28日(金)

選考方法

書類審査および資料読解(記述・論述)、口述試験により総合判定します。

  • 資料読解
    志望する分野から出題。
  • 口述試験
    志望する分野を中心にした口頭試問(約30分)。

個別の出願資格審査について

出願資格(6)(7)により出願をしようとする者については、出願前に個別の出願資格審査を行い、出願資格認定の可否を決定します。出願資格審査にかかる申請料は必要ありません。

申請期間

第1回目

2019年7月9日(火)~7月16日(火)必着

第2回目

2019年11月26日(火)~12月3日(火)必着

提出書類

  1. 出願資格審査願〈本学所定用紙〉
  2. 履歴書〈書式自由〉
    学歴および職歴について、必ず記載されていること。
  3. 最終出身学校の卒業(修了)証明書・成績証明書
    出身学校の発行した原本で厳封されたもの。卒業(修了)見込みの場合、卒業(修了)見込み証明書および申請時点での成績証明書を提出すること。中途退学の場合は、退学証明書および退学時点の成績証明書を提出すること。
  4. 研究歴・研究成果報告書〈書式自由:A4サイズ:該当者のみ〉
    これまでに論文等を執筆している場合は、コピーを必ず添付し、そのタイトルを出願資格審査願に記入すること(3点以内)。
  • 添付書類が日本語以外の言語で記載されている場合は、日本語の翻訳を添付すること(翻訳文の下に翻訳者の職業<役職>・氏名を記入の上、捺印または署名すること)。

審査発表

第1回目結果

2019年7月25日(木)に郵送にて通知します。

第2回目結果

2019年12月12日(木)に郵送にて通知します。

2020年度の出願期間は終了しました

研究科・専攻および募集人員

研究科 専攻(課程) 基本研究分野等 募集人員
文学研究科 歴史文化専攻
(博士前期課程)
日本歴史文化分野(日本史/日本文学/日本語学/書道)
外国歴史文化分野(東洋史/西洋史)
歴史遺産分野
若干名
歴史文化専攻
(博士後期課程)
日本史分野
東洋史分野
西洋史分野
若干名
  • 研究生の期間は、2020年4月より1年間、または前期もしくは後期の半期です。

出願資格

〔博士前期課程〕

  • 次の各号のいずれかに該当する者。
    1. 修士の学位または専門職学位を有する者、および2020年3月までに取得見込みの者。
    2. 外国において、修士の学位または専門職学位に相当する学位を取得した者、および2020年3月までに取得見込みの者。
  • 外国人留学生については、前記に該当し、かつ大学院の講義を理解できる日本語能力を保持している者であること。
  • 修士の学位等を取得見込みでも受験できますが、取得ができなかった場合は、採用を取り消すことがあります。

〔博士後期課程〕

  • 本学大学院博士後期課程に3年以上在学し必要な単位を修得して退学した者で、博士論文作成のための研究継続を希望する者。

日程

出願期間

2020年1月6日(月)~1月14日(火)

  • 郵送の場合、出願期間は締切日必着です。
  • 文学研究科歴史文化専攻(博士前期課程)研究生への出願者は、文学研究科歴史文化専攻の大学院生(博士後期課程)の入学試験との併願もできます。
試験日

2月16日(日)

合格発表日

2月20日(木)

選考方法

書類審査および面接(約30分)により総合判定します。ただし、日本歴史文化分野(書道)を希望する者は、前記に加え、書道実技試験を実施します。

  • 大学院生と併願している場合、「面接」は大学院生の入学試験における「口述試験」によって代替されます。
  • 歴史文化専攻の日本歴史文化分野(書道)の大学院生である者が次年度に研究生を希望する場合、および歴史文化専攻の日本歴史文化分野(書道)の研究生である者が次年度も引き続き研究生を希望する場合は、書道実技試験を免除します。ただし、書道実技試験に代えて、出願時に書道作品を必ず提出すること。

こちらには出願書類のうち、本学所定用紙のみ掲載しています。
その他の書類については、必ず「京都橘大学大学院案内2020(入学試験要項)」でご確認ください。

文学研究科 歴史文化専攻 博士前期課程

文学研究科 歴史文化専攻 博士後期課程

文学研究科 研究生

個別の出願資格審査