看護学専攻 博士前期課程 カリキュラム

カリキュラムカリキュラムは2018年度

*講義内容詳細については、シラバス をご参照ください。

授業科目 研究コース 専門看護師コース 授業形態
単位数 単位数
必修 選択 必修 選択
共通基礎科目A
看護理論   2   2 講義
看護研究   2   2 講義
看護教育論   2   2 講義
コンサルテーション論   2   2 講義
看護管理論   2   2 講義
看護政策論   2   2 講義
看護倫理論   2   2 講義
共通基礎科目B
フィジカルアセスメント     2   講義
臨床薬理学     2   講義
病態生理学     2   講義
実践看護基礎学
基礎看護学
実践看護基礎学特論   2     講義
看護技術学   2     講義
実践看護基礎学演習I   2     演習
実践看護基礎学演習II   2     演習
実践看護基礎学演習III   2     演習
実践看護基礎学特別研究 10       演習
実践看護応用学
成人看護学/老年看護学/精神看護学
実践看護応用学特論I(老年)   2 2   講義
実践看護応用学特論II(成人・精神)   2     講義
実践看護応用学特論III(老年)     2   講義
実践看護応用学特論IV(精神)     2   講義
実践看護応用学特論V(精神)     2   講義
クリティカル看護学   2     講義
生活習慣系看護学   2     講義
精神看護学I   2 2   講義
精神看護学II     2   講義
精神看護学III     2   講義
精神看護学IV     2   講義
実践看護応用学演習I(成人・精神)   2     演習
実践看護応用学演習II(成人・精神)   2     演習
実践看護応用学演習III(成人・精神)   2     演習
実践看護応用学特別研究 10       演習
老年看護学I   2 2   講義
老年看護学II   2 2   講義
老年看護学III   2 2   講義
実践看護応用学演習I(老年)   2 2   演習
実践看護応用学演習II(老年)   2 2   演習
実践看護応用学演習I-1(精神)       2 演習
実践看護応用学演習I-2(精神)       2 演習
実践看護応用学課題研究(老年・精神)     8   演習
実践看護応用学実習(老年)     10   実習
実践看護応用学実習I(精神)     5   実習
実践看護応用学実習II-1(精神)       5 実習
実践看護応用学実習II-2(精神)       5 実習
次世代育成看護学
母性看護学/小児看護学
次世代育成看護学特論I(小児看護)   2     講義
次世代育成看護学特論II(周産期)   2 2   講義
小児看護学   2     講義
周産期看護学   2 2   講義
女性健康看護学   2 2   講義
次世代育成看護学演習I(小児)   2     演習
次世代育成看護学演習II(小児)   2     演習
次世代育成看護学演習III(小児)   2     演習
次世代育成看護学演習I(周産期)   2 2   演習
次世代育成看護学演習II(周産期)   2 2   演習
次世代育成看護学演習III(周産期)   2 2   演習
次世代育成看護学演習IV(周産期)     2   演習
次世代育成看護学課題研究(周産期)     8   演習
次世代育成看護学特別研究 10       演習
次世代育成看護学実習I(周産期)     6   実習
次世代育成看護学実習II(周産期)     4   実習
広域看護学
地域看護学/国際看護学/看護管理学/看護教育学
国際看護学特論   2     講義
地域看護学特論   2     講義
看護教育学特論   2     講義
看護管理学特論   2     講義
国際看護学演習I   2     演習
国際看護学演習II   2     演習
国際看護学演習III   2     演習
地域看護学演習I   2     演習
地域看護学演習II   2     演習
地域看護学演習III   2     演習
看護教育学演習I   2     演習
看護教育学演習II   2     演習
看護教育学演習III   2     演習
看護管理学演習I   2     演習
看護管理学演習II   2     演習
看護管理学演習III   2     演習
広域看護学特別研究 10       演習

修了要件

次に記載の2コースとも標準修業年限は2年ですが、長期履修制度により3年とすることもできます。各コースとも以下の条件を満たすと、修士(看護学)の学位が授与されます。

研究コース

博士前期課程研究コースの修了には、2年(長期履修の場合は3年)以上在学し、共通基礎科目Aおよび専攻分野以外の専門教育科目の講義課目から10単位以上、専攻分野の専門教育科目の講義科目4単位以上および演習科目6単位、特別研究10単位の合計30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文を提出し論文審査および最終試験に合格すること。

専門看護師(老年看護)(精神看護)(母性看護)コース

博士前期課程専門看護師コースの修了には、2年(長期履修の場合は3年)以上在学し、共通基礎科目Aの選択必修8単位以上、共通基礎科目B の必修6単位、専攻分野の専門教育科目の講義系科目および演習系科目で合計14単位、実習10単位、課題研究8単位の合計46単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、専門領域の課題についての修士論文を提出し、論文審査および最終試験に合格すること。

看護学専攻 (博士前期課程)

看護学専攻 (博士後期課程)

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願