看護学研究科

人々の健康課題に応える高度な看護提供と
新たな看護の創造ができる看護者の育成

看護学研究科長 河原 宣子 教授
看護学研究科長
河原 宣子 教授

看護は、人々の健康と生活に向き合い、よりそう実践であります。看護学は看護実践の基盤となる学問であり、人々の幸せを追求するために存在します。
時代や社会の変遷に伴い、人々のニーズは多様化しています。また、看護・医療分野においては、AI等の科学技術の進歩や人口構造、疾病構造の変化により、これまで以上に、大きな変化があると言われています。
したがって、看護学を問う私たちは、変わりゆくもの、変わらないものを見極め、常に真理を追究する姿勢を持つ必要があると考えます。

京都橘大学大学院看護学研究科は、大学の教育理念「自立・共生・臨床の知」のもとに、2008年度より専門看護師教育課程を含む博士前期課程(修士課程)を、2014年度より博士後期課程を設置しました。人文科学・社会科学・自然科学を有する総合大学としての強みを生かした学際的な環境の中で、「人によりそう看護」の創造者を養成し、看護学の発展と社会への貢献に寄与することを目的としています。

看護実践を究めたい、看護学にどっぷり浸かって学びたい、という看護を愛する人たちが集う学び舎に創り上げていきたいと希望しています。

看護学専攻 (博士前期課程)

看護学専攻 (博士後期課程)

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス