看護学専攻 博士前期課程 特色と概要

人材育成目標

専門看護師(CNS)養成に対応したカリキュラム編成

医療技術の高度化や社会のニーズの多様化・複雑化等に伴って、看護のあらゆる面においても複雑化・高度化・専門化が進む中で、看護の特定分野における卓越した看護実践能力と総合的な調整能力を有する看護職者である専門看護師(Certified Nurse Specialist:CNS)の必要性は、今後ますます必要とされています。こうした状況を受け、本研究科では、専門看護師教育課程〈老年看護専攻、精神看護専攻、母性看護専攻(周産期母子援助)〉を設置しています。

看護管理者の養成

看護が提供される場の多様化に伴い、従来の看護管理のあり方では対応が困難な事例も少なくありません。また、保健医療福祉を担う専門職の多様化に対し、看護の現場においては多職種の連携が必然的に求められるようになっています。こうした状況を受け、看護管理の問題を深く追究することが重要になっています。本研究科では、地域や保健医療福祉施設等で総合的な調整能力を持つ有能な看護管理者や認定看護管理者を養育します。看護管理学専攻領域を修了し、日本看護協会が定める受験資格を満たせば、認定看護管理者認定審査を受けることができます。

看護教育者・指導的看護職者の育成

看護系大学・大学院の増加により、看護教育の需要が増しています。さらに、看護職者における生涯教育のあり方やキャリア開発の重要性・必要性も強く指摘されているところです。こうした中で、大学院において看護に関する高度で多元的な教育・研究・実践の知識とスキルを持った人材の育成が重要になっています。このような状況を受け、本研究科では、看護基礎教育、継続教育などの生涯教育を担うことのできる看護教育者・指導的看護職者を育成します。

看護学の国際的研究の推進と国際舞台で活躍できる人材の養成

国際化の進展に伴い、国際的な研究者の交流や共同研究などが盛んに行われ、また看護学における国際貢献も強く要請されています。本学では、「看護異文化交流・社会連携推進センター」を開設して、海外での調査を実施し、また国際シンポジウムも開催しています。こうした実績を踏まえ、本研究科では、国際的な保健・看護活動への広く深い理解を持った人材や、海外の病院や被災地などでも活躍できる人材の育成を行います。

カリキュラムの編成

本学の大学院看護学研究科看護学専攻博士前期課程修了後の進路を明確にするために、2つのコースを設定しています。
1つは、本大学院を修了後、教育・研究・実践に携わる研究者や病院等で看護管理者や指導的役割を担う人材の育成をめざすコース(研究コース)です。2つ目は、専門看護師の資格を取得するためのコース(専門看護師コース)です。特に専門看護師コースでは、病院や福祉施設における臨地実習を重視したカリキュラムを編成しています。さらに、本研究科では、4つの分野(実践看護基礎学/実践看護応用学/次世代育成看護学/広域看護学)を設定しています。大学院生は、いずれかの1分野を主たる専攻分野とすることで、対象のニーズに的確に応え得る実践能力を持ち、なおかつ新しい看護の方法や看護学の新しい領域を研究・開発していける能力を身につけていきます。
なお、専門看護師コースは、老年看護・精神看護・母性看護を開設しています。老年看護・精神看護は実践看護応用学分野を、母性看護は次世代育成看護学分野を主たる専攻分野とします。
4分野の具体的な内容は、以下のとおりです。また、4分野のほかに「共通基礎科目A」群、「共通基礎科目B」群を設置しています。

実践看護基礎学

看護学は実践の科学であり、本研究科の目的が高度専門職業人の養成であることから、実践看護学の理論的体系化を進め、学問としての位置づけを明確にしていかなければなりません。そのため実践看護基礎学においては、その目的・対象・方法について明らかにし、人々の健康に関与する実践看護学の基礎となる知識体系と実践体系を教授します。講義や演習を通して、看護理論や看護における情報などをもとに再考し、クライアント中心の看護を実現するためのあり方について探求します。

実践看護応用学

看護を提供する対象の特性によって、看護の方法が大きく変わることを前提に、本分野では、看護の対象、看護実践場面の特性をとらえた実践方法の研究・開発および教育を行います。特に現代社会において必要性の高いクリティカル看護学、生活習慣系看護学、精神看護学、老年看護学を設定します。
クリティカル看護学においては、近年の医療科学技術の発展により増加している、集中ケア・緊急的ケアを提供する場面において、適切な倫理的配慮のもとに迅速かつ的確に判断し、高度な専門技術に基づいた看護を提供することができる人材を育成します。
生活習慣系看護学においては、現代社会で人々の健康生活で大きな課題となっている生活習慣や生活の態様に関連して生じる健康障害の視点から援助体系を構築し、対象とその家族に適合した生活支援・援助を行うことができる人材を育成します。
精神看護学においては、複雑な現代社会において増加する、心の健康問題を抱える人々に対して、その健康障害の成り立ちや構造を解明し、生活者が主体的に健康生活を志向する看護方法を開発するとともに、その実践ができる人材を育成します。
老年看護学においては、高齢社会の我が国において、高齢者のQOL(生活の質)の視点から援助体系を構築する必要性を考慮し、幅広い保健医療福祉・行政等からのアプローチを行い、社会のニーズに対応した老年看護の方法に関する研究・開発を実施し、適切に実践と指導ができる専門職の養成を行います。

次世代育成看護学

少子化の現象は単に人口問題だけではなく、次世代育成に関して、親性の発達、育児能力の獲得、児童虐待、子どもの健康障害など、多くの社会問題を生み出しています。これらに対しては、保健医療福祉分野のみならず、教育・行政等からのアプローチも必要であり、看護の受け持つ分野も大きいことが認められています。そこで、次世代を健康に育成していくための看護方法の研究・開発を行うとともに、看護専門職者としての実践能力および指導能力を備えた人材を育成します。母性看護学と小児看護学の領域があります。

広域看護学

看護に対する社会からの期待や要請は、近年その内容が変化してきていますが、こうした変化に対する看護の役割・機能を遂行し、発展させるための方法の研究・開発と人材の育成を行う分野です。
また、社会における看護の機能は、(1)人々が住み慣れた土地で人生の最後まで豊かな生活を送ることが出来るように、個人および集団への支援や制度の創設・ケアネットワークの構築などの地域特性との関連性を中核にした看護の方法を研究・開発する地域看護的側面、(2)看護学の体系の構築や看護職者の育成を担う看護教育的側面、(3)看護を実践する上でのケア提供システムの構築や政策提言につながる看護管理的側面、(4)国内における異文化の人への看護、あるいは国外における看護ニーズに対応するための研究・開発的側面があります。こうした側面へのアプローチを行っていくために、地域看護学、看護教育学、看護管理学、国際看護学の領域を設定します。

共通基礎科目群

看護学研究および人材育成について、幅広い視点を持って進めるために、大学院生がそれぞれの目的や研究の方向に沿って必要な学習ができるように「共通基礎科目A」群、「共通基礎科目B」群を開講しています。また、この科目群において、日本看護系大学協議会による専門看護師教育課程審査基準要項に基づく、専門看護師共通科目を中心とした教育・研究を行います。

教育・研究上の特色

社会人受け入れのための履修形態の弾力化

医療・看護分野における高度な専門的知識・能力を持つ人材の養成については、特に病院などの医療機関で勤務する現職の看護職者の生涯教育・卒後教育やキャリア開発としても重要であるという観点から、本研究科では、勤務の都合上昼間だけでは学修が困難と予測される人のために、大学院設置基準第14条の規定を適用して履修形態を弾力化し、土曜日や平日6講時(18:10〜19:40)にも授業を行うとともに、一定期間の集中的な開講や教育・研究指導などを実施して受講・履修の便宜をはかっています。
また、標準修業年限は2年ですが、病院等の臨床のキャリアを継続しながら通学できるように、大学院設置基準第3条第2項の規定を適用し、3年間の長期履修制度も導入しています。

複数教員による研究指導体制

本研究科では、看護学における新たな教育・研究領域を設定し、従来とは異なる側面から看護学へアプローチを進めていくために、広範な視野と多様な視点からの研究指導が行えるように、研究指導においては、学生一人ひとりに対し、専門性・学術性を深めるための主研究指導教員1名と、それを補佐し学際的視野を広めるための複数の副研究指導教員による指導体制を採用しています。
主研究指導教員は、副研究指導教員と適切に連携を取りながら、大学院生の研究テーマの決定、研究の実施、論文の作成、論文審査等の学生指導を進めていきます。

専門看護師コースの特色

専門看護師コースでは、それぞれの専門分野で必要な卓越した看護実践能力、倫理的判断能力、総合的な調整能力等を開発するための実習を行います。実習は、各自の専攻領域(研究テーマ)に応じて、研究指導教員と相談の上、課題・実習計画を定め、研究指導教員の指導のもとで実施します。実習の場所や期間は、専攻領域や研究テーマ、能力等に応じて決定します。実習にあたっては、実習施設に対し、大学院生の専攻領域で看護実践の経験が豊富で、高度な知識、コンサルテーション、調整などを行うことができる実習指導者を委嘱します。
なお、実習は病院・訪問看護ステーション・高齢者総合福祉施設で行い、具体的な施設は以下のとおりです。

  • ●実践看護応用学実習(老年) 京都第一赤十字病院/京都民医連中央病院/京都桂病院/訪問看護ステーション桂/KOBE須磨きらくえん/けま喜楽苑
  • ●実践看護応用学実習(精神) 滋賀県立精神医療センター/宇治おうばく病院/醍醐病院/訪問看護ステーション ユニネット・まちかど
  • ●次世代育成看護学実習(周産期) 昭和大学病院/滋賀医科大学医学部附属病院

また、専門看護師コースでは、特定の課題についての研究成果(課題研究報告書)をもって、修士論文に代えることができます。この場合、大学院生は看護の現場における実践を通した詳細な事例研究と検証を行い、これに対し、研究指導教員は定期的に実習状況・内容、レポートなどによる評価を行い、大学院生に対するスーパーバイズを行います。

養護教諭専修免許課程を設置

入学前に養護教諭一種免許状を有する場合、または所要資格を得ている場合、本研究科において必要な科目を履修することにより、養護教諭専修免許状が取得できます。ただし、養護教諭一種免許状を取得していることが必要です。また、1998年に教育職員免許法が改正されたため、1999年以前に大学に入学し、既に卒業され、学生の身分を継続されていなかった方が、大学院に入学し、専修免許状の取得を希望する場合、一部科目について学部での履修が必要になります。
資格取得に関する詳細は、本学学務第2課(TEL.075-574-4192)までお問い合わせください。

大学院生研究室の設置と研究環境

共用机・ロッカー・パソコンを備えた大学院生研究室が設置されています。
また、図書館および専門スタッフが常駐しマルチメディア環境を整えた情報メディアセンターが大学院生・学部学生の支援を行っています。情報メディアセンターには、メディアホールのほかに、6室のコンピュータ教室が設置されており、全大学院生・学部学生にはメールアドレスとアカウントが配布され、学修・研究目的でのみ本学のインターネット環境を自由に利用することができます。

  • *図書館開館時間…平日8:45~20:30、土曜日10:00~18:30(休講日は平日8:45~17:15、土曜日8:45~17:15)
  • *情報メディアセンター開室時間…平日8:45~20:30、土曜日および休講日は8:45~17:15
  • *日曜日・国民の休日等、開館・開室しない日もあります。詳細は 図書館でご確認ください。

看護学専攻 (博士前期課程)

看護学専攻 (博士後期課程)

国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
学園創立115周年 大学開学50周年 記念事業
大学開学50周年記念サイト たちどまらない、たちばな。
  • 資料請求
  • オープンキャンパス