健康科学部 臨床検査学科

國増知可子さん
(滋賀県・玉川高等学校出身)

ー 京都橘大学を受験しよう(入学しよう)と思った理由(きっかけ)を教えてください。

臨床検査技師に興味を持ち、実家から通える大学で臨床検査学科を探していました。京都橘大学に臨床検査学科が新設されることを知り、オープンキャンパスにも参加したところ、学内の雰囲気がとても良くこの大学で学びたいと思い受験を決めました。

ー 実際に京都橘大学に入学して、「受験した時に抱いていたイメージ」と違った点、その通りだった点などを教えてください。

オープンキャンパスに参加したときに、学生スタッフの方々や先生方が丁寧に教えてくださったのを覚えています。入学してからも優しくしていただけて、イメージ通りだと感じています。

ー 今、大学生活で一番充実している(楽しい)と感じることは何ですか?

臨床検査の勉強をしているときが楽しいです。知らないことを知っていくことはとてもワクワクします。分からないこともたくさんありますが、先生方が丁寧に教えてくださるので安心して勉強に取り組めます。

ー あなたが感じている、京都橘大学の魅力(ここが他の学校と違う!という点)を教えてください。

学生と教職員の方々との距離がとても近いところです。勉強のことだけでなく、将来についての相談はもちろん、それ以外でも親身になって相談に乗ってくださいます。

ー 将来の夢を教えてください。

臨床検査技師として迅速かつ正確な検査結果を出すことはもちろんですが、患者さんにしっかりとよりそえるような臨床検査技師になりたいです。

ー 大学生活での目標(取得したい資格や身につけたい知識・経験等)は何ですか?

臨床検査技師の国家試験受験資格だけでなく、細胞検査士の受験資格取得もめざしています。それから大学生のうちは、幅広い教養をつけるために、いろんな学問分野について興味をもって勉強していきたいです。

ー 学業以外で励んでいること(ボランティアやサークル活動、アルバイト等)はありますか?

大学に入学してから献血に行くようになりました。以前はなかなか勇気が持てずにいましたが、大学に入ってから少しでもいろんなことに挑戦してみたいと思うようになったのがきっかけです。臨床検査技師は採血も行うので、採血の現場がどのような様子なのか色々知る機会にもなり勉強になります。

ー 学部学科の魅力、魅力に感じた授業は何ですか。

京都橘大学の臨床検査学科は、臨床検査技師の国家試験受験資格だけでなく、上位資格にあたる細胞検査士の受験資格もめざすことができます。在学中に細胞検査士の受験資格を取得できる大学は、全国でも数少ないので一番の魅力に感じています。授業に関しては、1回生の頃の「臨床検査学基礎演習」が印象に残っています。この授業で臨床検査技師がどのような仕事をするのか具体的に知ることができました。

ー 「京都橘大学のここがすごい!」を自慢してください。

1つのキャンパスに全ての学部・学科があり、他の学部の先生とも関わりを持つことができます。先生との距離が近く、いろいろなことを教えてもらうことができるので、幅白い視点が身につきます。

ー 京都橘大学を受験する高校生のみなさんにひとこと。

受験勉強は、とても大変で不安になる時もあると思います。しかし、自分が決めたことに向かって努力し続けることが大切です。勉強と休憩とメリハリをつけて頑張ってください!