文学部 歴史遺産学科

宮下泰一さん
(大阪府・初芝富田林高等学校出身)

ー 京都橘大学を受験しよう(入学しよう)と思った理由(きっかけ)を教えてください。

小中学生の頃から、社会や日本史に興味を持っていました。そこで、大学では日本史や歴史遺産に関わるような学びをしたいと思っていました。さらに、大人数より少人数でのゼミがある大学に絞っていたので、実習やフィールドワークが多いと聞いた京都橘大学の歴史遺産学科を選びました。

ー 実際に京都橘大学に入学して、「受験した時に抱いていたイメージ」と違った点、その通りだった点などを教えてください。

高校生の時は、大学生活について想像もつきませんでしたし不安な気持ちもありました。しかし、入学してみるとゼミなどが少人数ということもあり、学生だけでなく先生方ともお話する機会が多く、とても温かい雰囲気のある大学だと思いました。

ー 今、大学生活で一番充実している(楽しい)と感じることは何ですか?

授業やフィールドワークが自分の学びに直結し、自分の力になることに楽しさを感じます。学業以外にも私は大学内で様々な活動に参加しています。その活動1つ1つがとても楽しくやりがいを感じています。自分から挑戦したいことややってみたいと思ったことが、すぐに行動に移すことができるのは大学生ならではだと思います。

ー あなたが感じている、京都橘大学の魅力(ここが他の学校と違う!という点)を教えてください。

様々な学部学科の学生が1つのキャンパスで学んでおり、学科、学年を超えた関わりを持つことが出来ます。さらに、ゼミが少人数であることから、学生と教員との距離が近く親身になって勉強以外のことにも相談に乗ってくれます。

ー 将来の夢を教えてください。

将来は、大学で勉強している古文書や文化財関係の仕事に就くことも考えていますが、他にも大学で経験したことを使えるような職がないか様々な情報を見て模索しています。

ー 大学生活での目標(取得したい資格や身に付けたい知識・経験等)は何ですか?

考古調査士や学芸員の資格取得を目指して学んでいます。その他にも、授業がきっかけで受験した世界遺産検定2級に合格したため、次は1級に挑戦したいと考えています。

ー 学業以外で励んでいること(ボランティアやサークル活動、アルバイト等)はありますか?

アルバイトは、学内でオープンキャンパスやスチューデントアシスタントなどをしています。サークル活動は、2回生の頃から学生自治会に参加し、学生と教職員を繋げる架け橋として活動をしています。難しいこともありますが、吸収できることも多く、充実した学生生活を送れています。

ー 学部学科の魅力、魅力に感じた授業は何ですか。

フィールドワークの授業です。座学で勉強するだけでなく、実際に文化財などを見たり、普段は入れないところにも入らさせていただくこともあるので貴重な経験ができます。グループワークやレポートなどが多いですが、やればやるほどに自分に力がついていることが実感できるのも確かです。こなしていくごとに専門的な知識・コミュニケーション能力がついていくのが分かるので魅力的だと思います。

ー 「京都橘大学のここがすごい!」を自慢してください。

常に変化しているところだと思います。私が入学してからも新学部学科の設置や新棟が建てられたりなど、常に前へと進んでいます。これからの時代に求められる力は何なのかを考え、適した学びの場を作っているところは自慢だと思います。加えてキャンパス全体アットホームな雰囲気があり、キャリア関係・学務関係など様々な教職員の方とつながることが多い大学生にとっては、相談しやすい、話しやすい大学だというのも自慢の1つだと思います。

ー 京都橘大学を受験する高校生のみなさんにひとこと。

大学生活は想像がつきにくいと思います。しかし、小さい頃自分が思っていた将来の夢、やりたかったことを思い出してください。大学で勉強することは自分が想像するよりも将来の夢に突き進めます。「夢ややりたいことなんて決まっていない」という人も安心して、大学に入ってきてください。小さなきっかけから将来どうなりたいか考えるようになっていきます。きっかけ作りも先生や職員さんなどがサポートしてくれます。京都橘大学を受験する方、ぜひ頑張ってください!そして興味を持っている方は、ぜひ一度オープンキャンパスに来てください。京都橘大学の雰囲気をしっかり感じとれます。皆さんとお会いできることを楽しみにしています!