健康科学部 心理学科

中村真子さん
(静岡県・浜松湖南高等学校出身)

ー 京都橘大学を受験しよう(入学しよう)と思った理由(きっかけ)を教えてください。

私は小さいころから心理テストや心理に関する本を読むのが好きでした。
高校生の時、カウンセラーという職業に興味を持ち、心理学をもっと深く学んでみたいという気持ちから心理学を学べる大学を探していました。心理学には様々な領域がありますが、分野を絞って専門的に学ぶのではなく、幅広い分野を学び自分の視野をもっと広げたいという気持ちが強くありました。そのため、京都橘大学の臨床心理学、社会・産業心理学、発達・教育心理学、行動神経科学、と様々な心理学を学ぶことができるところにとても惹かれました。またオープンキャンパスへ行った際に学生の皆さんの明るく楽しそうな様子や学生と先生の距離が近い印象を受け、落ち着きある温かな学校の雰囲気に惹かれたのも京都橘大学を選んだ理由の一つです。

ー 実際に京都橘大学に入学して、「受験した時に抱いていたイメージ」と違った点、その通りだった点などを教えてください。

入学以前に想像していた雰囲気とほとんど違いはありませんでした。先生との距離が近いのでなんでも相談しやすく、学校の雰囲気も落ち着いていて自分の学びたいことをたくさん学ぶことができています。

ー 今、大学生活で一番充実している(楽しい)と感じることは何ですか?

大学生活では学科の友達とおしゃべりをしたり一緒に食事をしている時間がとても楽しいです。出身地がバラバラで大学だからこそ出会えた人も多くいます。また授業の中で自分の知らない知識を得て日常生活の行動と結びつけることができたり、様々な分野に触れることができる時とてもワクワクします。

ー あなたが感じている、京都橘大学の魅力(ここが他の学校と違う!という点)を教えてください。

京都橘大学は少人数制の授業があるので先生との距離が近く、自分の意見を言いやすい温かな雰囲気で授業を受けることができます。先生には授業以外のことも相談しやすく様々な面でサポートしてもらっています。

ー 将来の夢を教えてください。

私は心理学で学んだことを生かし、多くの人々が日常生活で抱える悩みを少しでも減らし快適に暮らせる手伝いをしたいと考えています。心理学は日常生活のいろんなところに繋がっていることを知ったので、これから人々の暮らしの中で役立つ心理学をたくさん学んでいきたいです。

ー 大学生活での目標(取得したい資格や身につけたい知識・経験等)は何ですか?

心理に関係する資格をいくつか取りたいと考えています。また普段の生活や人間関係のなかで活用できる心理学の知識をつけていきたいと考えています。学びの中で苦手な領域もありますが、克服できるよう努力し自分の成長につなげていきたいです。

ー 学業以外で励んでいること(ボランティアやサークル活動、アルバイト等)はありますか?

私はアルバイトに励んでいます。飲食店で働いており、実際にお客様とコミュニケーションをとったり様々な年代の人々と関わる中で社会のルールや働くうえで大切な礼儀など、大学生活だけでは学べないことを多く学んでいます。失敗することもありますが、失敗した経験で学べることもあり次の行動をよくするためにどうすればいいか考えることにもつながっています。アルバイトの経験を通して自分の力を試せたり成長するきっかけにもなると思っています。

ー 学部学科の魅力、魅力に感じた授業は何ですか。

心理学実験の授業がとても印象に残っています。実験を自分たちで実際に行い、動物の観察をしたり様々な器具を使うことのできる実践的な授業でした。レポートの作成は大変な部分もありますが、少人数の授業なので分からないところがあれば先生やクラスの友人たちと相談しあいながらできます。

ー 「京都橘大学のここがすごい!」を自慢してください。

京都橘大学は少人数制の授業が多く、学生と先生の距離が近くアットホームな雰囲気で授業を受けることができるところが魅力だと思います。授業のことはもちろん授業以外のことにも親身に相談に乗ってくれます。また多くの学科があるので、いろんな人との出会いがあり交流を持てるところも魅力の一つだと思います。

ー 京都橘大学を受験する高校生のみなさんにひとこと。

自分の夢や目標をかなえるために大学を目指している人が多いと思います。受験勉強はつらいことも多いですが自分を追い詰めすぎずたまには息抜きをしっかりして、自分の心と体の状態を不安定にしないことが大切です。特に精神面では弱ってしまうことが多いと思います。そんな時は後ろ向きなことばかり考えるのをやめて前向きに大学に入ったらやりたいこと、学びたいことを想像するとやる気が出てまた勉強に集中できると思います。大学生活では新しいことや楽しいことがたくさん待っています。頑張ってください!応援しています!