看護学部 看護学科

吉野真由さん
(京都府・京都美山高等学校出身)

ー 京都橘大学を受験しよう(入学しよう)と思った理由(きっかけ)を教えてください。

幅広く大学を検討していた中、入学のきっかけになったのはオープンキャンパスです。複数の大学のオープンキャンパスに参加しましたが、周辺環境含めてキャンパスの落ち着いた雰囲気が気に入りました。それから在学生の方が先生と親しくされている様子や、卒業生が大学に集まって実習室でスキルを磨かれている姿をみて面倒見の良さを感じ、アットホームな校風が決め手となりました。

ー 実際に京都橘大学に入学して、「受験した時に抱いていたイメージ」と違った点、その通りだった点などを教えてください。

京都橘大学に限ったことではないですが、友達ができるか不安でした。人見知りなので自分から積極的に友達作りをしなきゃいけないのかと心配していました。しかし実際に入学してみるとクラスが設けられいて、オリエンテーションとして醍醐寺に出かけたり、いろんな人とたくさんグループワークを行う機会があったりと、自然とコミュニケーションがとれていました。だから、私のような心配を持たれている方がいても大丈夫です。すぐに打ち解けられる環境があります。

ー 今、大学生活で一番充実している(楽しい)と感じることは何ですか?

高校生の頃は友達同士でも目標はバラバラでしたが、大学ではみんなが同じ目標に向かって頑張っています。覚えることもやらなければならないことも多いですが、友達同士で助けあえて切磋琢磨できる環境に充実感を感じますし、忙しい状況も乗り越えられると実感しています。

ー あなたが感じている、京都橘大学の魅力(ここが他の学校と違う!という点)を教えてください。

看護は、治療はもちろんのこと、一人ひとりに向き合うことで、その人の生活を支えることに繋がります。その人らしい生活を支えるということを学ぶために、京都橘大学では地域看護に着目し、訪問看護について学ぶ時間がしっかりと設けられています。看護を学ぶということにちゃんと向き合える、そして実践する力が身につけられる。これが京都橘大学の魅力だと思います。

ー 将来の夢を教えてください。

私自身入院した経験があるのですが、その時は具合が悪くてもナースコールを押してよいものか、迷惑ではないかと気にしてしまった記憶があります。だからこそ普段から患者さんの想いや気持ちを汲み取って安心してもらえる看護師になりたいと思うようになりました。患者さんと接する時間が長い看護師だからこそできることがあると思っています。

ー 学業以外で励んでいること(ボランティアやサークル活動、アルバイト等)はありますか?

塾講師のアルバイトを行っています。私は元々人見知りなのですが、看護師になればいろいろな方と接することになります。少しでもコミュニケーション力を身につけたいと思い、人と接するアルバイトを始めました。塾講師を選んだのは、生徒と向き合い単純に勉強を教えるだけでなく、生徒の強みや苦手をしっかり把握して能力を伸ばそうと努力するという姿勢が、患者さんと向き合うことに少しでもつながるのではないかと考えたからです。

ー 学部学科の魅力、魅力に感じた授業は何ですか。

人のライフサイクルを学んだうえで、幼稚園に出向いたり、お年寄りの健康診断を行ったり、学内の清掃員の方と一緒に清掃にあたったりと他大学にはない演習や実習に魅力を感じました。看護を実践するうえでは、身体的側面、心理的側面、社会的側面と注意すべき点が複数あります。病院実習では病気や身体的な情報が多く、意識もそちらにいきがちです。しかし事前に色んな年代・背景の方と接する機会があることで、いざ病院に出向いた際に身体的側面以外にも目がいき、患者さんに向き合う姿勢が異なると感じました。

ー 「京都橘大学のここがすごい!」を自慢してください。

親からも驚かれましたが、京都橘大学では教員との距離が近く、いろんな看護分野の先生方に質問したり相談できる雰囲気があります。普段から接しやすい環境にあるからこそ、進路のことや勉強以外のことで迷ったときも相談しやすいです。また、進学を決めるにあたっては看護師だけでなく、保健師や助産師、養護教諭の資格・免許を目指せるというのもポイントだと思います。

ー 京都橘大学を受験する高校生のみなさんにひとこと。

進学先を決めるにあたり大学の様子を実際に自分の目で見るのは大切だと思います。私もオープンキャンパスに参加するまでは私立大学のひとつとしか見ていなかったのが、帰る頃には「京都橘大学は受験する!」と意思が固まりました。パンフレットでは分からない雰囲気や、イメージがわかないカリキュラム表も、ガイダンスや学生さんの声を聞くことでつながっていきます。実際に行くことが難しい場合は、動画でも雰囲気はつかめると思います。ぜひ参考にしてください。