健康科学部 作業療法学科

吉岡瞳さん
(京都府・南陽高等学校出身)

ー 京都橘大学を受験しよう(入学しよう)と思った理由(きっかけ)を教えてください。

大学選びに迷っていた時に、高校の先生が京都橘大学を勧めてくださいました。調べてみると、国際・人文・教育・社会科学・医療系といったたくさんの学部・学科が存在している総合大学と知り、とても魅力を感じました。同時に、医療系の学科に興味があった私は、新しく誕生する学科が医療系であると知り、より心惹かれました。私の妹が怪我をして、作業療法士や理学療法士の方に支えてもらいながらリハビリを行う姿を見ていたので、私もリハビリを通して「誰かの人生を支えられる人になりたい」と思い、作業療法学科を志望しました。

ー 実際に京都橘大学に入学して、「受験した時に抱いていたイメージ」と違った点、その通りだった点などを教えてください。

作業療法学科の第1期生ということで期待と不安がありました。また大学に入学したら自分自身で何もかも決めていかなければならないと思っていましたが、悩んでいるときには、先生方が親身になって相談に乗ってくださったり、指導してくださるので素敵な大学だと思いました。

ー 今、大学生活で一番充実している(楽しい)と感じることは何ですか?

大学の授業は専門性が高く、難しく躓いてしまうことが多々あります。しかし、学科の仲間と同じ夢や目標を叶えるために、互いに助け合いながら勉強に取り組んでいる時間は、一番充実していると思います。

ー あなたが感じている、京都橘大学の魅力(ここが他の学校と違う!という点)を教えてください。

子ども・大人・高齢者の方など幅広い年齢の患者さんを想定した充実した実習施設があり、実践的に学べる環境が整っています。またスペシャリストの先生方が熱心に教えてくださるので、ずいぶん深くまで医療の勉強ができるところが魅力です。

ー 将来の夢を教えてください。

患者さんの心によりそいながら、信頼され、希望を与えられるような思いやりのある作業療法士になることが私の夢です。

ー 大学生活での目標(取得したい資格や身につけたい知識・経験等)は何ですか?

将来、患者さんから信頼される作業療法士になれるよう、しっかりと医療従事者としての知識を身につけたいと思います。また海外に出たり、様々なことに挑戦して視野を広げたいと思います。

ー 学業以外で励んでいること(ボランティアやサークル活動、アルバイト等)はありますか?

オープンキャンパスの学生スタッフを行っています。学科や学年関係なく、スタッフ全員が一丸となって素敵なオープンキャンパスを作ることは楽しいです。「京都橘大学のオープンキャンパスに来てよかった」「ありがとう」と高校生や保護者の方から言葉をかけていただけると、とてもやりがいに感じます。

ー 学部学科の魅力、魅力に感じた授業は何ですか。

素敵な授業はたくさんあるのですが、特に「レクリエーション演習」という授業に魅力を感じます。この授業は4~5人でグループを作り、患者役、セラピスト役など様々な役割に分かれてリハビリの計画を立てます。どんな症状の方に対してのリハビリか、対象年齢は何歳か、この運動は身体のどの部分が使われているかなど、患者さま一人ひとりに合わせたリハビリの段階づけをグループのみんなで相談しあい、決定します。自ら考え行動することで、実践力を養うとても素敵な授業だと思います。

ー 「京都橘大学のここがすごい!」を自慢してください。

京都橘大学は総合大学で、たくさんの学部・学科が存在しています。そのため学部・学科の壁を越えて、いろんな方と交流が出来る点が魅力だと思います。また少人数制の授業が多いので、先生と生徒の距離が近く、分からないことがあればすぐに質問したり相談できるアットホームな環境が居心地が良いと感じます。

ー 京都橘大学を受験する高校生のみなさんにひとこと。

みなさんは目標や夢があって大学や学部・学科を考えていると思います。受験勉強で辛くなった時、壁にぶつかってしまった時、途中で投げ出すことは簡単だと思います。ですが「将来こういう人になっていたい!」というイメージを頭の中で思い浮かべてみてください。困難を乗り越えた先に待っている未来は、きっとかけがえのない素晴らしいものだと思います。今を後悔しないように精一杯挑戦し続けてください。みなさんの夢の第一歩を応援しています。