歴史遺産学科 コース紹介

歴史遺産コース

世界の歴史遺産を後世に伝える最新技術を学び、洞察力を養う。世界の歴史遺産を後世に伝える最新技術を学び、洞察力を養う。

世界の歴史遺産を後世に伝える最新技術を学び、洞察力を養う。

時代の変化にともない、より専門化・高度化する文化遺産研究の新たな拠点として設置された歴史遺産コース。京都だけでなく世界中の建造物・文化的景観・産業遺産など、研究対象は多岐にわたります。歴史遺産を活用し、後世に残すための情報収集や整理・管理法など、最新の技術を学び、自由な発想力や鋭い洞察力を養うことにより、社会で活躍する人材を育成します。

卒業研究の主なテーマ

  • 近世におけるフランス積み煉瓦建築
  • 祇園会山鉾の変遷についての考察
  • 京都における近代建築の保存に関する研究~中京郵便局を通して~
  • 有形文化財の新たな活用
  • 京都の観光地の歴史
  • 装飾古墳から考察する外来文化との関連
  • 山科(大塚・小山)石切丁場の刻印石

考古学コース

考古調査の実践を通じて、実社会に役立つスキルを磨く。考古調査の実践を通じて、実社会に役立つスキルを磨く。

考古調査の実践を通じて、実社会に役立つスキルを磨く。

歴史遺産についての基礎知識から、石器の実測や考古学の基本となる遺物の観察法といった実践的で専門的な技術まで、考古調査に必要な知識をしっかり学ぶことができます。こうして調査結果をまとめ編集する技術は、実社会のさまざまな分野においても活用することが可能です。また所定単位を修得することで、埋蔵文化財調査で求められる2級考古調査士資格を取得することもできます。

卒業研究の主なテーマ

  • 日本古代における共用器・銘々器・属人器
  • 縄文人の食生活
  • 古代エジプトの王墓と古代中国の王墓の比較
  • 高松塚古墳とキトラ古墳の星宿図研究
  • 終末期古墳の天皇陵
  • 日向地域における古墳と遺物から見る文化と交流
  • 丹後地域における弥生時代後期墳墓の埋葬施設について
  • 日本における水中考古学の現状と課題

美術工芸史コース

美術工芸品から歴史を読み解き、社会にいかす力を育む。美術工芸品から歴史を読み解き、社会にいかす力を育む。

美術工芸品から歴史を読み解き、社会にいかす力を育む。

絵画・彫刻・古文書など幅広い領域を研究対象としてとらえ、歴史を読み解く美術工芸史コースでは、基礎的な知識から建築・服飾・風俗や古代美術品に関しても積極的に学びを深めます。また美術工芸史を学ぶうえで重要な美術品の緻密な観察と調査のためにも、博物館や寺院への実地研修を行い、美術工芸品への判断力や理解力を養います。

卒業研究の主なテーマ

  • 洛中洛外図屏風上杉本について
  • 尾形光琳の水面文様について
  • 踏絵からみる近世死生観の検討
  • 近世写生画発展における琉球絵画の影響
  • 書寫山圓教寺大講堂釈迦三尊像の造像背景
  • 北摂三山寺からみる本山寺の創建
  • 東大寺法華堂天蓋の鏡二面について
  • 醍醐寺蔵金銅両界曼荼羅の機能と円光院
国家試験等合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
京都橘大学 キャンパスキャラクター
MASTER PLAN 2022 KYOTO TACHIBANA
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • 出願