学部・大学院
  1. トップページ
  2. > 学部・大学院
  3. > 看護学部
  4. > 看護学科

看護学科

10年間の実績に対する高い評価のもと、「人によりそう看護」を学ぶ。

学科の特色

知性や感性を磨き、看護の本質を究める

2005年4月、京都の4年制私立大学では初の設置となった看護学部看護学科。充実した教員陣と11年間を通して培った独自のカリキュラムにより、740人を超える卒業生を輩出。多くの卒業生が現在も医療の最前線で活躍し、高い評価を得ています。看護学科では自らの知性や感性を磨き、倫理観を養うことで看護の本質を究め、「人によりそう看護」を大切にしています。また問題解決能力を磨き、創造的に実践できる人材育成をしています。

看護師・保健師・助産師・養護教諭をめざす

看護学科では、看護師・保健師・助産師の国家試験受験資格と養護教諭一種免許状を取得できるプログラムを開講しています。また、国際看護や災害看護などについても幅広く学び、多彩な場面で「人によりそう看護」を実践する看護職者を育成していきます。

取得できる資格

  • ■看護師国家試験受験資格
  • ■保健師国家試験受験資格※
  • ■助産師国家試験受験資格(女性のみ)※
  • ■養護教諭一種免許状※
保健師国家試験受験資格取得のための科目履修定員は学部定員の2~3割程度。
助産師国家試験受験資格取得のための科目履修定員は学部定員の1割程度。
科目履修にあたっては、成績などにより履修基準を設けている場合があります。
選択履修により取得可能。

想定される進路

  • ●病院などの医療機関
  • ●訪問看護ステーション
  • ●助産施設
  • ●企業の保健部門・健康関連企業
  • ●保健所
  • ●保健福祉センター
  • ●養護教諭
  • ●大学院進学 など
  • ●養成機関の教員
  • ●国際的な看護ネットワーク機関
.
このページの先頭へ
.