※2023年4月開設予定(設置計画中)。 計画内容は予定であり、変更することがあります。
※総合心理学部を開設した場合、健康科学部心理学科は、2023年4月から学生募集を停止します。

総合心理学科(仮称)

総合心理学科(仮称)

心理学の基礎的・応用的な知識や理論と、
社会での実践のためのスキルを確実に身につけ、
多様な場面で生まれる「?」を解明する力を養う

総合心理学科では、心理学の研究法や社会実践の基盤となる、データサイエンスの素養を全員が身につけます。そして、心理学の基礎的知識・技能を修得し、「臨床心理学」「社会・産業心理学」「発達・教育心理学」「行動・脳科学」「健康・福祉心理学」の幅広い5つの領域でそれぞれの専門性を深めます。また、1キャンパスだからこそのクロスオーバーな学びとPBLや社会連携などの実践的な学びで、新たな価値を生み出すための実践力や広い視野を養います。

1 心理学研究に不可欠なデータサイエンスを全員が修得

心理学の研究や社会実践をするうえで欠かせないスキルであるデータの収集・分析などのデータサイエンスの素養を、全員が修得。実証データに基づいて人のこころや社会的課題の解明に向き合うことで、ビジネスや開発において活用できるスキル、対人支援に取り組める能力を養います。

2 さまざまな分野をカバーする5つの専門領域を配置

人のこころや行動に関わる心理学の領域は幅広く、専門性がそれぞれ異なります。総合心理学部には「臨床心理学」「社会・産業心理学」「発達・教育心理学」「行動・脳科学」「健康・福祉心理学」の5つの専門領域を設置。興味関心はもちろん、時代性や社会性を踏まえた領域の選択が可能です。

3 心理学Plus1の力を培うクロスオーバーな学び

心理学と親和性の高い、教育、マーケティング、プログラミングなどの他学部の専門科目が履修可能です。心理学の視点に、他分野の知見をPlusし、新たな発見やスキルが身につきます。1キャンパスの本学ならではの特長です。

4 心理職初の国家資格「公認心理師」を養成

心理職としては初の国家資格であり、今後も幅広い分野で活躍が期待される「公認心理師」の養成を行います。公認心理師の国家試験受験資格に不可欠な演習・実習を豊富に用意し、大学院健康科学研究科に進学することで、「公認心理師」と「臨床心理士」のダブル取得をめざすこともできます。

※国家試験受験資格取得には学部で所定の科目を修得して卒業した後、大学院で所定の科目を修得して修了または所定の実務経験が必要。

取得できる資格

  • 認定心理士
  • 学校図書館司書教諭
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)※申請中
  • 社会調査士
  • 図書館司書
  • ※文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

取得をめざす資格

  • 公認心理師国家試験受験資格(大学院修了後もしくは実務経験後)
  • 臨床心理士受験資格(大学院修了後)

↓

将来の進路

  • 病院、精神科クリニック
  • 精神保健福祉センター
  • 企業の人事・労務部門
  • 企業の企画・広告部門
  • こども相談センター(児童相談所)
  • 子育て支援センター
  • スクールカウンセラー
  • 公務員
  • 高校(公民)教員 など
国家試験等合格状況
2021年度教員等採用試験合格状況
京都で暮らす。京都橘で学ぶ。
情報工(下層エリア2)
経済・経営(下層エリア2)
200116ブランドサイト(下層ページ)
MASTER PLAN 2019➡2026
  • 入試情報
  • 資料請求
  • オープンキャンパス