学部・大学院
  1. トップページ
  2. > 学部・大学院
  3. > 文学部
  4. > 歴史遺産学科

歴史遺産学科

人類の英知・歴史遺産に触れ、社会人としての基礎力やスキルを養う

学科の特色

日本と世界の歴史遺産について研究するコースを設置

日本や世界の有形文化遺産を研究対象として、今日まで受け継がれてきた意義や歴史的背景を理解し、正しく後世に伝えるための知識や保存方法を学ぶ歴史遺産学科。「歴史遺産コース」、「考古学コース」、「美術工芸史コース」の3コースを設置して、歴史遺産を探究しています。

京都を中心に奈良、大阪、兵庫などで実習やフィールドワークを展開

長い歴史を有する京都に位置し、奈良や大阪、兵庫といった歴史と関わりの深い都市にも程近い立地を生かして、積極的に博物館や寺院、遺跡などでの実習やフィールドワークを展開。歴史遺産を研究するうえで重要な「本物」に触れることができます。こうした実践的な学びを通して、分析力や発信力といった社会人としての基礎力を身につけるとともに、歴史遺産を次の世代へ伝え、活用していくための知識と技術を修得した専門家をめざすことができます。

取得できる資格

  • ■中学校教諭一種免許状(社会)
  • ■高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
  • ■図書館司書
  • ■学校図書館司書教諭
  • ■博物館学芸員
  • ■社会教育主事
  • ■日本語教員
  • ■2級考古調査士

※科目履修にあたっては、成績などにより履修基準を設けている場合があります。

取得をめざす資格

  • DTPエキスパート認証試験 など

想定される進路

  • ●公務員
  • ●中学校(社会)・高校(地理歴史)教員
  • ●発掘調査専門職員
  • ●博物館・美術館学芸員
  • ●情報・メディア産業
  • ●観光・旅行関連企業
  • ●流通・運送業界
  • ●一般企業 など
.
このページの先頭へ
.